2006年09月20日

国のイメージアップのために

先週からシンガポールでは、IMF (International Monetary Fund、国際通貨基金)の会議が行われておりました。

世界各国からの出席者を迎えるに当たって、シンガポールは会議場周辺の警備体制を強化し、交通規制をし、来賓の接待のための案内コースを作り、街に花を植え、トイレを磨き、周辺のショッピングモールの売り子さんたちにスマイルを教え込み、それはもう大変な準備。

ここでIMF のお偉いさんに国に帰って、
「シンガポールはやっぱりただの東南アジアの発展途上国だよ。」
なんて言われてなるものか〜っ!!
と、固く心に誓っているように見えます。

オリンピックを控えた北京も街の再開発に取り組んでいるなどと聞くけれど、その様子が目に浮かぶようです。
言って見れば、初めてのデートを前にして、あれこれ服を選んで念入りにメイクするようなもの??

シンガポールって、アジアの中ではそれなりに知られているけれど、アメリカやヨーロッパでの知名度はぐっと低く、
「シンガポール? 中国の一部でしょ?」とか
「どこにあるの? マレー半島の先端って・・・マレー半島ってどこだっけ?」 
そんな感じ。
しかも、シンガポールについて知っていたとしても、そのイメージは
「チューインガムで罰金とるような国」
「鞭打ちする野蛮な国」
だったり。
特にアメリカでは、1994年に自国の高校生が鞭打ちの刑に処されたことが未だにインパクト大なようです。
シンガポールとしては、もっと良いイメージを皆さんに持って欲しいと思うのも当然かもしれません。

ところで、世界通貨基金という名前は知っていても、普段とんと関係のない存在。
具体的に何をやっているのだかウィキペディアで検索すると、

為替相場の安定を図ることを目的に設立された、国連の専門機関。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。
本部はワシントンD.C.。2003年7月現在の加盟国は184。
為替相場の安定のために、国際収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。
かつては融資を行う際に、内政不干渉の原則を守り、特に大きな条件をつけることはなかったが、成果があがらない国も多い。このため、現在では、融資の効果を阻害するような政治状態の国には、政策改善を条件(コンディショナリティー)に融資を行うようになった。 (引用)


ということでした。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。