2006年09月23日

コンテンポラリー・アートの祭典 

現在シンガポールで、BIENNALE というインターナショナル・コンテンポラリー・アートの祭典が開催されています。

38カ国からのアーティストが最先端の美術作品を出展するというこの催し、会場も宗教施設からシティ・ホール、12月に正式オープン予定のナショナル・ミュージアムなどあちこち。

多分、一番たくさんの人が見る機会があると思われるのが、こちら。

Biennale 2.jpg

オーチャード・ロードの一部分の街路樹に、突如このような赤白の水玉が大量に発生。
実は、これは日本のアーティストの作品だそうです。
日の丸のイメージで、赤と白なのかな。

この祭典に参加するアーティスト達は若手ばかりで、20代から30代前半が中心とか。

確かに、今までの美術の固定観念とは全く違う作品が多く、「美しさ」よりも発想力、個性やメッセージ性重視といった感じ
鑑賞しても狐につままれた感じがしてしまうものが多く、私の頭が古いのか?と思いきや、小学生の娘も
「これがアートだっていうのが、全然わからない・・・」
と言っておりました・・・。
母子共に頭が固いのか!?

9月4日から11月12日まで開催予定。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。