2006年10月17日

中秋節B 巨大な柑橘フルーツ

中秋節にお月様にお供えするものとして、月餅のほかに欠かせないものがポメロという柑橘系の果物。
一年中お店には売っているけれど、やはりこの時期になると突然大量に並べられます。

pomelo 2.jpg


pomelo 3.jpg


大きさには多少ばらつきがあるけれども、普通のネーブルオレンジと比べて見ると、こんな感じ。

pomelo.jpg


もっと大きいものでは、人の頭くらい。

どんな果物も同じではあるけれど、ポメロは味のあたりハズレが結構あるらしい。
ジューシーで甘みがあっておいしいものから、カスカスで苦いものまで。
何を基準に選んだらよいかわからず、適当に買ってみました。

皮を剥くだけで一苦労。
外の皮と身の間にある白い筋の層がすごく厚くて、真綿でしっかりとくるまれている様。

実の部分をジュースにしてみましたが・・・マズッ!!
どうやら「ハズレ」をひいてしまった。
家族からも、「こんなに不味いジュースは飲んだことがない!」と散々なコメントを受けました。

名誉挽回のため、再度挑戦してみます、そのうち。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

中秋節A ムーンケーキ

月見団子の代わりに・・・moon cake (月餅)が欠かせない中秋節。

中国系シンガポール人の方々は、親戚や仕事関係の人の間で、ムーンケーキを贈りあうことが慣習らしい。
9月から、あちこちの店でムーンケーキが目立つようになると思うと、こんな特設会場が開かれ、各有名ホテルやレストランが店舗を出して賑わいます。

moon cake 2.jpg


実演販売もあり。

moon cake.jpg


うちも、毎年夫が仕事関係で何箱か頂いてきます。

moon cake 5.jpg

定番のものは、表面キツネ色のこんがり焼いてある感じで、中身はハスの実の餡に、卵の黄身が入ったもの(写真左下)なのですが、最近の人気はスノー・スキンと言われる白いタイプだそう。
すいません、光が反射して、写真が見難いですね。

これは、白いスノー・スキンにチョコレート入り。

moon cake 4.jpg


こちらも変形スノー・スキンの抹茶風味。

moon cake 3.jpg


うちの家族では、抹茶が一番人気。

これ、結構なカロリーなんですよ。
一つで1000カロリーだとか・・・(もちろん月餅のサイズによるけれど)。
私は、一度に半分が限度。
それ以上食べると、ウップ・・・。

バリエーションも毎年増えていて、ラッフルズホテルの高級トリュフ入りとか、ハーゲンダッツのアイスクリーム・ムーンケーキなんてのもあります。

来年は、また新しいものが出てくるかなあ??

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

中秋節@ チャイナタウンの明かり

日本で言うところの、十五夜ですね。
今年は、10月6日でした。

チャイナタウンは、9月半ば頃から大賑わい。

chinatown.jpg

chinatown 3.jpg


ランタン・フェスティバルとも呼ばれ、子供達は手に手に提灯を手にして夜にお月見をするわけです。
昔は、きっと紙で作った質素な提灯だったのかもしれませんが、今は色も形も派手派手。
電池で音が鳴ったり、人形が踊る仕掛けがあったり。
提灯のお店では、子供も目移りしますよね〜。

Lantern.jpg

夜も更けてきて・・・

chinatown 2.jpg


こんな立派なランタンもチャイナタウンの大通り沿いに灯されています。

lantern 2.jpg

lantern 3.jpg
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

曇り空はインドネシアからの煙

シンガポールといえば、トロピカルな真っ青な空を思い浮かべる方が多いのですが、このところ毎日どんよりと霞がかかったような白っぽい曇り空。

これ、天気が悪いわけではなく、ヘイズといわれる現象。

今の時期インドネシアでは、ジャングルを焼き払って新たな農地にするために人工的な火事状態。
その煙が、はるばるシンガポール上空まで流れてきているというわけ。


なんとなく空気が悪いのはわかるし、気管支の弱い人は調子が悪い・・・などという話もきいていたところ、ついに週末の汚染指数が有毒レベルまで到達。
昨日の土曜日は、家から一歩外に出ると臭いくらいでした。
なるべく外での活動は控えるように!という政府からの注意も出て、経済も停滞。

シンガポールに住んでいてもこんなに影響があるのに、インドネシア国内に住んでいる人たちにとっては、一体どのくらいの汚染環境なのでしょうか。


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

食の経典・Makansutra

シンガポールに住み始めて2年と少し。
今になって、ようやく!?
という感はあるのですが、ついに買いました!!


makansutra.jpg


makan というのは、マレー語で「食べる」の意味、sutra は「経典」と訳せるでしょうか。
シンガポール人家庭には、一家に一冊必携という(本当かどうか知りませんが)、まさに食のバイブルとも言うべきこの本。

前半では、「点心」「チリクラブ」といったアイテムごとに写真とコメント、そのアイテムを食べるのにおすすめのお店がリストアップされています。
後半では、エリア毎におすすめのレストランやお店がリストになっています。

更に、ひとつずつのお店につき、値段やおすすめ度が何段階かで評価されています。

この経典を指南書として、おすすめの店を巡るプチグルメ行脚が、シンがポーリアンの正しい休日の過ごし方。
必ずしも、ここにリストアップされている店がそれほどおいしいかどうか、100%信頼は出来ないんだよ!
と一応注意は受けましたが、やはりかなりの度合いで信頼されている模様。

ちょっとガイドブックなんかには載っていない様な、ディープ店が並んでいて、住所を見ても、「これ、どこ??」ってなものも多いのです。

アイテムの写真とコメントを読んでいるだけでも十分楽しめるのですが、せっかくなので、今後活用していきたいと思っています。

表紙の「Die Die Must try!」
すごいインパクトですよね。
一番おすすめの評価のついたアイテムは、死に値するほどの価値がある・・という意味だそうです。
すごい・・・!!
posted by M at 00:00| シンガポール 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。