2007年01月26日

ベトナム・ハノイの旅E ハロン湾に浮かぶ船

ベトナムには、現在5箇所の世界遺産があります。
そのうちのひとつ、ハロン湾は、ハノイから東の方向に向かって3時間半ほどドライブして海にたどり着いたところ。

龍が降り立った という意味の地名だそう。
「海の桂林」 とも形容されます。
海面からにょきにょきと突き出した大小2000の奇岩が静かに姿を映し出す幻想的な光景
といった描写の文を読んでは、行かずにはおられません。

このあたり、かつてよりジャンク船と呼ばれる中国からの交易船が多数やってきていたところで、当時の船を模したクルーズ船が観光客の足となります。
私達も、この船で一泊する手はずを整えてきました。


しかし、誰でも考えることは同じ。
観光客の多いこと!
フェリー乗り場は大混雑でごった返しています・・・。
ジャンク船も交通渋滞で、なかなかフェリー乗り場から湾に出られません。


Halong Bay 8.jpg


毎日観光を終えたお客が降りるなり、入れ替わりで次の一泊コースが出発。
船で働く人たちは、休みなく2,3ヶ月船で暮らすのだとか・・・。
お客が入れ替わるタイミングで、食料や飲み物の補給、ゴミ出し、タオルやシーツの交換などで大忙し。

小さなボートで商売をする人々が、かいがいしくジャンク船の間を行き交います。


Halong Bay 9.jpg


喧騒のフェリー乗り場を出て、ゆっくりと船内での食事も終わるころ、美しい景色が目の前に広がります。


Halong Bay 4.jpg


大きな鍾乳洞に立ち寄り、神秘の世界を味わう・・・・。


Halong Bay 6.jpg


まだまだハロン湾のどこかに、隠れた鍾乳洞もあるかもしれない・・・!!
発見した人は、2年間は私有物として観光収入などを自分のものに出来るそうです。
2年経ったら、政府のものとなるのだとか。
ここを発見したのは漁師さんだったらしく、2年間の観光収入で大金持ちになって引退→左団扇の生活だそう。
一攫千金を狙うなら、洞窟発見!?

Halong Bay 7.jpg


石段を400いくつ昇った展望台よりの眺め。
足は多少ガクガクしますが、それだけの価値アリ。


Halong Bay 5.jpg


船も帆を広げると、更に趣があります。


Halong Bay 3.jpg


水上生活者のコミュニティ。
ちゃんと学校なんかもあるそうです。

この船、それほどの大型でもないのですが、あまり揺れたりすることもなくいたって快適。
私達が一泊したのはちょうど12月31日の夜。
2007年は船の上で迎えました。

船室は、簡素ながら清潔で心地よい。


Halong Bay.jpg


一晩過ごした翌日は、小さなボートに乗り換えて、湾に浮かぶ岩の近くまでいったりしました。
湾の静けさが際立ち、聴こえるのは岩に住む鳥の鳴き声だけ。
ハノイのにぎやかな街中とは、丸っきり違う体験が出来ました。

船中での食事は、もちろん海の幸三昧!!
毎回食べきれないほどの品数が次々登場します。
特においしいのが、蟹とエビ。
蒸したり、揚げたり、炒めたり、調理法を変えて毎回登場。
あまりに堪能したので、
「船を降りたら、しばらく蟹はもう食べなくてもいい〜!!」
と思いましたが、ハノイに戻ったらやっぱりまた食べてしまいました。


Halong Bay 2.jpg


Halong Bay 10.jpg

posted by M at 00:00| シンガポール ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

ベトナム・ハノイの旅D 少数民族の存在

ベトナムに住む人々のうち、約90パーセントがキン族という人々。
この人々のことを、私達は普段「ベトナム人」と呼んでいるようですが、残りの10パーセントとして53の少数民族が存在しています

民俗学博物館では、これらの民族を地域ごとに分類し、独特の衣装、生活習慣、祭礼、道具などが展示されていました。
人々の暮らしも時代と共に変化してきてはいるものの、ここで紹介されている民族は過去の話ではなく、今尚存在するということ
そこがとても面白いところです。
ハノイの街中を見ている限りでは、とてもとても想像しがたいのですが・・・。


ethnic museum.jpg


Ethnic museum 2.jpg


機織をしている女性のモデルがありますが、少数民族の多くは、服装がとても凝っている!
とってもモダンな部分があるような気もします。

Ethnic museum 3.jpg


ethnic museum 4.jpg


ethnic museum 5.jpg


結構素敵じゃありませんか!?
これだけのものを手織りで作るには、相当の手間暇がかかっていると思われます。

パネル解説の中に、興味深いものがありました。
赤ちゃんを背負うための特別の布を(立ったと思う)織っている女性へのインタビューで
「いちいち、こんなに凝ったものを作るのは大変ではありませんか?」
との質問に、
「でも、ちゃんとしたものを作らないと、私が悪い母親だと皆に思われてしまいますから・・・」
といった答えをされていたこと。
まるで、
「ちゃんと離乳食は手作りしないと」
「幼稚園のお弁当は、かわいく毎日飾り付けて詰めないと」
「かわいい格好をさせてやらないと」
よい母親ではないと社会に思われる、とプレッシャーを受けてしまったりする、日本社会のお母さんたちと丸っきり同じ事を感じなくてはならないんだな〜。


ethnic museum 6.jpg


さまざまな形のバックパック。


ethnic museum 7.jpg


高床式の住居モデル。

くどいようですが、これらは過去の様子を再現したものではなく、現在も続いている暮らしです。

ハノイから中国との国境方面に向けて北西に、サパというまちがあり、夜行列車とバスを乗り継いでアクセスできるそうです。
サパを拠点にした、少数民族の村を訪ねるトレッキングコースなども旅行者が利用出来るとの事。
娘や夫と、今度ベトナムに来るなら、そういうところを訪ねて行ってみたいね〜と話しています。

ただ、自分達独自の暮らしをひっそりと守りながら脈々と続けている方々にとって、観光客がこうして訪れていくことが好ましいとは言えないとも思います。
私達にとっては、現代文明社会と違った暮らし方を見て、色々と考えることや気付くことなどもあるだろうけれど、なんだかこちらからもたらすものは有害なものばっかりのような気もして・・・。
本当は、そっとしておいてあげるのがいいのかなあ・・・(って、私が考えたところで、今の観光事情が変わるわけでもないのですが。)

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

ベトナム・ハノイの旅C 旧市街職人街

ハノイの「旧市街」といわれる区域は、通りごとに専門の職人が集まって店を構えています。
例えば、ござやかごを売っている店ばかりが固まっているかと思うと、次の通りにはありとあらゆる紐を並べた店が集まっていたり。
おもちゃばかり並んだ通り、靴屋ばかりの通り、金物屋ばかりの通り、漢方薬ばかりの通り、など。


Hanoi 22.jpg

金物屋さん。


Hanoi 13.jpg

こちらは、中国正月の飾りを集めたおみせ。

旧市街は、到着したその日に、シクロ(cyclo) に乗ってグルグルと見学した時に
これは、面白そう!
是非ゆっくり歩いて、心ゆくまでゆっくりと見直したい!
と思い、後日出直したんです。
「歩いて」ゆっくり見られると思ったのは、大きな間違いだったと気付きました。

どの道にも、ちゃんと通行者用の歩道があるんですが、それが全く歩道としての機能を果たせない状態だったのです。
歩道は、
商品を並べる店の一部であり、
商品を作ったり、修理したり作業をする場であり、
店のおばちゃん達が料理したり、孫をあやしたりする場であり、
店のおじちゃんたちが寛ぐ場であり、
オートバイの駐車場であり、
人なんか通るスペース、ありゃしないんですよ!

それで仕方なく歩く車道には、ひっきりなしにバイクや車や自転車があっちから、こっちらからビュンビュンやってくる。
歩道=作業場からは、溶接作業の火花が散ってくる。
串焼き肉をあぶる火が燃えてる。
自分と子供達の身の安全を考えながら歩くことに必死で、店の品物やなんか、全然ひやかしている余裕がないんですよ!

それでも最後にたどり着いた楽器店通りで、ひやかしじゃなく店の中であれこれ音を出してみたりして、ようやくじっくりと楽むことが出来ました。


Hanoi 25.jpg

店のご主人のオリジナル楽器なんかもあって、すごく面白い。
子供達が、それぞれお気に入りのものをお土産に選びました。


Hanoi 23.jpg

店の前は、やっぱり作業場になってる・・・。

旧市街に限らずハノイの街を歩いていて、人々が「外」を生活の場や仕事の場とする割合がすごく高いような気がしました。
例えば散髪屋さんなんかも、路上。

Hanoi 12.jpg

バイクの排気ガスがブワンブワン出てくるところで、おばさんが野菜を刻んでいたり食器を洗っていたり。
赤ちゃんにおっぱいを上げている女性。
眉毛を道端で毛抜きを使って整えている女性
編み物している女性。
たらいに水を汲んで、足を洗っている女性。 (←しかも、まだ午後3時なのに、すでにパジャマ姿だし・・・!)
ボールを蹴って遊んでいる子供。
お茶を飲んでいたり、ゲームをしている男性。
(・・・やたらと野次馬が多い。)

Hanoi 11.jpg


きっと日本の一昔前もそんな感じだったのかもしれないけれど、家の玄関どころか個室のドアを閉ざしたらそれぞれが何をしているかなんて全く生活が感じられない都会の暮らしぶりとは対照的で、町全体にすごく生活感があふれているんです。

確かに、こういう街だったら家の中でテレビを見ているよりも通りに座って外を眺めている方がずっと面白いかもしれない。

・・・それも、排気ガスに耐えられれば、の話ではあるけれど。






posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

ベトナム・ハノイの旅B 焼き物の街 Bat Trang

ハノイ市内から車で30分ほど走ると、Bat Trang (バチャンと発音)という小さな村に到着。
ここは、元々はレンガ作りの村だったそうなのですが、いつからか陶器で有名な場所に。
人口の90パーセントは、陶器作りに携わっているそうです。


Hanoi 35.jpg


Hanoi 39.jpg


Hanoi 41.jpg


Hanoi 40.jpg




すごく面白いな〜と思ったのが、緩衝材として藁を使っていること。
梱包するのに、人工的なものを使わないんですね。
あちこちの店を見てまわって迷った挙句、大皿二枚にレンゲのセットを購入しましたが、これも紙に包んで藁で編んだバッグに入れてくれました。

観光客も来るけれど、ほとんどは街中のお店や多分海外の店へ卸すのだと思われます。
すごくのんびりした雰囲気で、村の中を歩いているだけでも興味深い。

工房見学。


Hanoi 36.jpg


Hanoi 37.jpg


Hanoi 38.jpg


娘達は、優しいオネエサンにちょっとだけ手伝わせてもらったり、余分の箸置きをプレゼントしてもらったりして、楽しい時間を過ごしていました。

ガイドブックによると、16世紀ごろにはここの焼き物が日本にも輸出され、茶人達に愛用されていたとか。
バチャンでよく見られる、白地に赤と緑で絵付けをした、トンボをモチーフとした焼き物、これも元々は日本人が注文した絵柄だったのが、今でも数多く生産されているのだそう。

ものつくりの現場は、見るのが楽しいですよね〜。
他の村では、こんな工房も見学しました。


Hanoi 33.jpg

漆工芸



Hanoi 34.jpg

刺繍絵。
これは、風景や人物など写真そっくりに仕上がるのでびっくり。

ベトナムの人って、すごく手先が器用なんですね。
作業が丁寧だし、職人肌の人が多そう。
だから、バイクに荷物をくくりつけるくらい朝飯前なのでしょう。

posted by M at 00:00| シンガポール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ベトナム・ハノイの旅A ホアンキエム湖の伝説と水上人形劇

ベトナムの国民の大多数は仏教徒らしい(*ガイドブックによると、国民のやく80%)けれど、純粋な仏教というよりも、道教や儒教、土地の言い伝えやアニミズムなど様々なものがミックスされたもののように感じました。

市街地の中心にあるホアンキエム湖にある玉山祠


Hanoi 29.jpg


Hanoi 30.jpg


Hanoi 32.jpg


この湖は有名な伝説がありまして・・・

1428年、黎朝の始祖が、湖に住む巨大亀から授かった剣で明朝を駆逐し、ベトナムを中国支配から開放。
のちに、始祖はこの大事な剣を湖の大ガメに奉還し、亀は剣を背中に背負ってまた水の底へと帰っていった・・・。


ところで、ハノイには1000年も昔から伝わる伝統芸能・水上人形劇 というものがあります。
これ、私が今回の旅で是非見たいと楽しみにしていたもののひとつなのですが、その劇中にも、ホアンキエム湖の伝説がモチーフとして使われていました。
劇は、17の短いお話で構成されています。
もともと農民達が水辺を使って演じていたらしく、亀の伝説のほかのお話は昔の彼らの暮らしぶりがあらわれており、田植え、釣り、かえる採りといったものから、めでたいシンボルとされる生き物(竜、不死鳥、獅子)などが登場します。

Water papet 1.jpg


舞台の脇には、音楽の演奏家たち。

Water papet 2.jpg


プログラムが全て終わると、人形遣いの人たちが表に出てきて挨拶されました。

Water papet 3.jpg


腰まで水に使って1時間以上も人形を操るのは、重労働に違いないです。
一日に3,4回公演だそうだから、ほんとに大変なお仕事。
農家の方々が腰まで水に使って農作業されたりしていた、そのままという感じです。
一体、水温はどのくらいなんだろう??とか、余計な心配をしてしまいました。

(スイマセン・・・フラッシュを使う写真撮影がどうも苦手で、なんだかイマイチな写真ばかりですね。)

ハノイの郊外に出ると、今も田んぼや畑が広がる風景です。
そこでの農作業は、機械で農機具を動かすというよりも、現在もほとんど人の手作業のように見えました。
牛を使って土を耕していたり・・・。
しかも、労働力の多くは女性の力によるもの。
ベトナムの女の人たち、働き者が多いと見受けられました。
そこには、未だに男尊女卑の念が強く残っており、特に田舎では各家で男子を授かりたがっている状態で、
「女性なんか10人集まったって、たいした価値はないと思われてんのよ!」 (←某・ベトナム女性談)
といった背景があるようです。

一応、国としては「二人っ子政策」を打ち出しているそうなのですが、田舎では男の跡継ぎが生まれるまで何人でも産み続けてよいとか・・・。


おまけ: 後日街中で見かけた、水上人形劇のパペットお土産。
表情がなんともいえず、かわいらしい。

Water papet 4.jpg


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ベトナム・ハノイの旅@ 街中のにぎやかさ

ハノイに到着して、まず何に驚いたかというとバイクの多さ!!
一応知識として知っていたつもりでしたが、目の前に見ると驚愕。

Hanoi 1.jpg

道を渡るのも思い切りが必要。
交通量が途絶えるのを待っていたら日が暮れるので、決死の覚悟で最初の一歩を踏み出す一日目。
でも、コツさえつかめれば、全然大丈夫。
皆さんそれほど強引なわけではないので、ちゃんとこちらを通してくれます。

右側通行のはずなのに、ほとんど交通ルールはなし。
あいているところなら、右側だろうが左側だろうが、どこでも走っている様子。
さすがに、ここでは運転できそうにないなあ〜。

去年11月ごろ、ブラピ&アンジェリーナがおしのびでホーチミン市へ休暇に行き、レンタルバイクに二人して跨っている写真を見たけれど、ブラピ尊敬です。

街中は排気ガスで、空気が悪く、はじめのうちは喉や鼻が痛い・・・が、それもいつしか慣れてきました。

車もバイクも、始終ブーブーとホーンを鳴らしているので、そのにぎやかなことといったら!!
ある日タクシーに乗っているとき、夫が
「一体この運転手は何秒間クラクションを鳴らさずにいられるか??」
数えてみたところ、たったの11秒・・・。
これだけ意味なく鳴らしていたら、肝心の時に危険回避にならないだろうなあ〜。

車のほかには、観光客向けに Cyclo と呼ばれるこんな乗り物もたくさん待機しています。

Hanoi 3.jpg


そうした激しい交通量の中を歩く、物売りの人々。
昔ながらの、天秤棒の両側にかごをさげて。
果物、パン、ちまきなどを売る人や、靴磨き&靴修理の道具を下げて歩く移動商売の人もいます。


Hanoi 4.jpg


Hanoi 5.jpg


真紅のバラを自転車に積んで売っている移動式お花屋さんも見かけました。


Hanoi 7.jpg


皆さん、一台のバイクや自転車で運ぶ人間やモノの数や量が尋常でない。
家族4人、5人乗りも普通だし、そのうえ買い物したものをわんさか積んでいる。
この荷物をバイク&自転車に縛り付けるのが、鉄人技!
バランスよく最大限に積み上げ、落さないようにしっかりと固定する技術に感嘆しました。
ちょっと弟子入りしてコツを習いたいくらいです。

むかしから自転車一台手に入れるのも大変だったそうで、そうしてやっと我が物となった乗り物は、最大限に生かす!ということなのでしょうね。

後日博物館で、過去から現代まで脈々と繋がる「縛り技」の継承ルーツ(??)を見つけました。


Hanoi 2.jpg


魚を捕まえるびく(?)を大量に結びつけた自転車。
実物を再現したものらしい・・・・。

郊外では、生きた豚さんを運送中のバイクを発見!

Hanoi 6.jpg


お互いが動いている中でのショットなので、うまく取れなかったのですが、豚さんのおっぱいが見えますよね!?
一台のバイクに、6匹が結び付けてありました!!
これらの豚さんたちの運命は、もちろんお正月のご馳走・・・。
出発前に映画「シャーロットの贈り物」でハムになる運命を避ける子豚ちゃん・ウィルバーの物語を観たばかりの次女(5歳)は、豚さんを見かけるたびに、ウィルバーと重なるらしく、

I don't wanna die!
I want to live!!

と、ウィルバーのセリフをつぶやくのでした・・・。



posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。