2007年05月30日

モスキート・コントロール

東南アジアで暮らしていると、気をつけなくてはならない病気がいくつかありますが、デング熱もそのひとつ。
今年前半、シンガポールでもデング熱患者が例年より多いらしく、先週は一週間だけで259件のケースという、新しい記録を作ってしまったとのこと。
これ、確かに総人口が435万人強の規模の国にしては相当な数ですよね・・・。

新聞、テレビ、その他様々なメディアを通して再三の注意が呼びかけられています。

デング熱は人から人へ直接感染するのではなく、蚊が媒介となるため、まずは蚊の発生を防ぐことが第一となります。

・雨どいなどに水が溜まらないように
・植木鉢の水受け皿を溜まった水をこまめ捨てる
・花瓶の水は少なくとも一日おきに交換
・使用後のバケツは伏せておく
・長期間家を留守にするときには、トイレのふたを閉める など


とにかく、ボウフラが湧かないように、不潔な水を溜めないように注意しなくてはならないとのこと。
感染者が出た地域では、家の内外にこれらの対策がきちんと守られているかどうか通称モスキート・ポリスがチェックにやってくるそうです。

こういう環境で暮らしていると、たまに日本に帰ったときにもついつい溜まった水が気になってしまいます。
お墓参りなんかに行くと、バケツやひしゃくに水が残ったまま無造作に放置してある光景をあちこちで見かけ、やけに反応してしまう私・・・。

デング熱の症状は、
・高熱が続く
・湿疹が出る
・吐き気、嘔吐
・ひどい頭痛
・筋肉や関節の痛み

インフルエンザと区別がつかず、湿疹が出て初めて気付くことも多いとか。

私は蚊に好かれやすい体質なので、虫除けグッズが手放せない毎日です。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。