2007年08月31日

ハングリーゴースト・フェスティバル

中元節というのは日本のお盆にあたるものだそうで、時期的にもやはり8月から9月あたり、ただし旧暦によるため毎年日にちはずれる模様。

これ、別名(?)ハングリーゴースト・フェスティバルとも呼ばれるのです。
ハングリーゴースト、というのは子孫がないのでこの世に帰ってくる場所がない霊のことだとか。
そうした霊も供養し、魂を鎮めてあげようというもの。


hungry ghost.jpg

通りでお供え物が並べられ、お線香が立てられます。


hungry ghost3.jpg

hungry ghost2.jpg

そしてペーパーマネーという作り物のお金が燃やされ、あちこちで煙が上がり、灰が舞うのです。


hungry ghost4.jpg

なんだか散らかってしまって、美しい光景ではありませんが。
でも、自分の先祖だけでなく身寄りのない霊まで供養してあげようというのは、とても優しい発想ですよね。



posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ホコリまみれの建設ラッシュ

夏休みの間長らく留守にしていましたが、ようやく戻ってきて日常生活も軌道に乗りつつあります。

シンガポール、1,2年前から建設ラッシュを迎えています。
20年30年経って老朽化したコンドミニアムなどは、どんどん取り壊しが決まり、新しい高層住宅やホテルが建てられている途中なのです。

我が家の近くも、次々と建物の取り壊し・建築が始まっていたのですが、1−2ヶ月留守にしている間に、随分と作業が進んでいて、帰ってきてあっと驚く景色もありました。

いたるところ工事中なので、ホコリっぽいのと騒音が玉に瑕。


construction2.jpg


construction.jpg


こんな状況の中、建設関係の会社は大忙しでしょうね。
日本からの駐在の方の中にも、こうしたお仕事で来られている方もたくさんいらっしゃいます。
そうそう、昨日の新聞には、日本の大成建設がその安全性につき政府の賞を受賞したとのニュースが載っていました。
また建設現場では、水溜りが出来やすく、デング熱蔓延の原因となる蚊の発生が起こりやすいのですが、同社の現場からはそうしたことも一切見られないとのこと、そちらでも受賞したそうです。
私は、建設業界とは全く何の関わりもないのですが、日本の会社がこうして認められている話は、なんとも誇らしく思えてうれしいです。

取り壊しの決まって立ち退きせざるを得ない住民が増えたことや、駐在者の数が増えていることも関係あるのか、はたまた投資目的で不動産を買い占めるお金持ちが多いのか、建設ラッシュと同時に不動産の値段がドンドン上がっています。
留守中の間にも、賃貸価格が二倍に吊り上げられて、引越しを余儀なくされたという友達が何人かいました。

いったい、このバブルとも思われる現象はいつまで続くのやら。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。