2007年11月25日

有機栽培農園&レストラン

シンガポールは国土が狭いので、農作物を作ったり家畜を育てたりする地域がほとんどなく、野菜や果物、肉や卵、ほとんどの食材を輸入に頼っています。
その例外的な存在として(?)、スンゲイブロウ湿地帯の近くには、農場や魚の養殖場などが営まれています。

この頃は輸入されてくる食べ物も汚染問題のニュースが報道されたり、オーガニックにこだわる人々の数も徐々に増えてきている様子ですが、この地域で、有機栽培で育てた食材を使ったレストランの話を聞いていたので、スンゲイブロウのミニ探検のあとに寄ってみました。

オーガニックレストラン.jpg

レストランの裏の敷地が農園になっていて、そこから収穫してきたものを使っているのだそうです。


オーガニックレストラン2.jpg

野菜カレー、バナナカレー、チキンカレーが人気メニューだそう。
デザートのタピオカやバナナケーキも素朴な味でおいしい!

こんな辺鄙な場所にあるのに、週末だからなのか大変なにぎわいぶりにびっくり。

お腹がいっぱいになったら、早速裏の農園見学。
なんといっても一番目を引くのが、バナナの木です。

オーガニックレストラン3.jpg

オーガニックレストラン4.jpg

オーガニックレストラン8.jpg

バナナといっても、色々な種類があるんですね〜。
三枚目の写真のピンクの花は、以前植物園で見かけて、何の花なのか不思議に思っていました。 実がついていなかったのでわからなかったのですが、まさかバナナだったとは・・・。

他にも南国らしいフルーツが色々育っています。

オーガニックレストラン7.jpg

スターフルーツ


オーガニックレストラン10.jpg

パパイヤ


オーガニックレストラン6.jpg

オーガニックレストラン5.jpg

フィグ(いちじく)。 これはちょっと気色悪いなりかた・・・。

いかにもスクスクと育っている様子の果物の木を見て回る私たちは、真昼の太陽の光とムンムンした熱気にすっかりバテバテ・・・。
負けてます。


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。