2007年11月29日

シンガポールサイズのキッチンは・・・

アメリカにお住まいの皆様は、先週の木曜日のサンクスギビング(感謝祭)を終えて、ほっと一息つかれていることでしょう。
おもてなしに、お料理に奮闘された方々、お疲れ様でした!!

我が家では、アジアに移転して以来のサンクスギビング・ディナーは、毎年アメリカンクラブのビュッフェにお世話になってきましたが、今年は久しぶりにやる気を出し、家で料理をしゲストを招くことにしました。

とは言うものの、こちらの台所事情は全くこうした料理には適していないのですね。
とにかく問題になるのがオーブン。
七面鳥が焼けるようなサイズのものが備わったキッチンなんて、めったにないようです。
うちも、これはどう考えても無理だとあらかじめわかっていたので、焼きあがったものを注文していました。
しかし、他の料理もいざオーブンに入れようとすると、入らない。
大抵のアメリカのレシピで使われるキャセロールの大きさが、9インチx13インチなのですが、これがあと一押し!というところで無理。
一回り小さ目のキャセロールに二つに分けて小分けに焼かなければならないので、手間が掛かります。

以前のエントリーのどこかで書いたことがあるような気もするのですが、再び愚痴らせて頂くと・・・。
シンガポールではかなり立派なおうちですら、キッチンはどーでもいい扱い、ナイガシロにされている確立が高い。
奥様自らキッチンに立つことなどほとんどなく、キッチンはメイドさんの領域とされている場合が多いため、全く力が入っていないんですね。
火を使えば当然室温も高くなるのに、このもともと蒸し暑い国で、冷房すらないキッチンがどれほど多いことか・・・。
収納スペースも、カウンタースペースも、全て少なくて、他の部屋に対して、キッチンエリアの薄暗く蒸し暑く小汚いのが妙に対照的だったりします。
引っ越してきてあちこち物件探しをしていたときに、キッチンがどうにも受け入れられずに見送ったものもかなりあったことを記憶しています。

アメリカの家のキッチンがなつかしい。






posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。