2008年04月25日

フォートカニングパークB 地下の秘密基地

この公園の地下には、第二次世界大戦の頃にイギリス軍の司令部がありました。
バトル・ボックスと呼ばれるこの司令部は地下9メートルの場所、爆撃の被害を受けないようにと作られたもの。
この秘密基地が、見学できるよう管理され一般公開されています。
くねくねと曲がる通路の右左に、指揮官の部屋、会議室、通信コントロール室などが現れます。


Battle Box.jpg


Battle Box3.jpg


Battle Box4.jpg


Battle Box5.jpg


Battle Box 2.jpg


チケットを購入するとヘッドセットが手渡され、案内の方に導かれて内部を見学できるようになっています。
当時のイギリス軍の司令官や上官たちの蝋人形があって、なかなかにリアルな様子。
大戦中日本軍がシンガポールに上陸し、イギリス軍が日本軍に無条件降伏をする決断をしたときの会議の様子などが、再現されています。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

フォートカニングパークA 発掘現場

この公園は14世紀には「禁じられた丘」と呼ばれ、王族や身分の高い人々が暮らす特別な地域だったのだそうです。

今も公園内に、昔の王の墓とされる場所が残っています。
かつて人々に崇拝された指導者・イスカンダル・シャー王の埋葬されると言われる神聖な場所は、今も守られています。

Fort Canning2.jpg


この公園内では、考古学調査が行われ14世紀の頃使用されていたと思われる陶器や装飾品などが発掘されています。 
ここで発掘されたそうした品々は、フォートカニングパークのすぐ隣に位置するシンガポール国立博物館の歴史ギャラリーに展示されていますが、公園内でもそれらの品々や発掘現場の様子が見られます。

Fort Canning7.jpg


14世紀といえば、日本では足利将軍、室町時代。
現在の人々の憩いの公園で、どんな王族の暮らしがあったのか・・。
彼らがもしも今のシンがポール、「禁じられた丘」だったはずの場所が市民の公園になっている様子を見たら驚くでしょうね〜!
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

フォートカニングパーク@

フォートカニングパークは街中にあり、車を運転しない人や観光客にとてもアクセスの良い、気軽に訪れられる公園。
高層ビルの立ち並ぶ商業区がすぐそこにあるのが不思議なくらい、一歩公園内に入ると様々な植物が生い茂る、圧倒的な自然があります。

.

Fort Canning3.jpg


Fort Canning4.jpg


Fort Canning5.jpg


19世紀にシンガポールにやってきたイギリス人は、様々なスパイスの栽培を試みたらしい。 シンガポール植物園なども、もともとはそういった目的で作られた施設だったとか・・・。
フォートカニング内にも、胡椒やカルダモン、ジンジャーなどの草木が植わっており、それぞれプレートが付けられています。
プレートを確かめつつ鼻を近づけて、いちいちクンクン匂いを嗅ぎながら歩くのも楽しい。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。