2006年05月20日

空港の超豪華ターミナル計画

シンガポールの、チャンギ国際空港は、世界の中でもベストエアポートの一つとして知られます。
1981年に開港以来、年間の利用者が2800万人強。
人口400万人の国にしては、ずいぶん繁盛していますよね。

免税店、レストラン、その他の店の数も多く、ターミナル内にプール、ジャグジー、24時間体制の医療機関、ビジネスセンター、子供の遊び場、その他が至れり尽くせり揃っています。
乗り換え便まで6時間以上ある場合は、無料で市内観光ツアーに参加できるそうです。
空港内は清潔で、ターミナル間の移動もわかりやすく、入国審査などのスムーズさにもいつも感心します。

そのすでに十分満足な空港に、新たにラグジュアリーエアターミナルがオープンするとか!

こちらのターミナルを利用するお客様が到着すると、リムジンが飛行機までお迎えにあがり、この超豪華ターミナルまでお連れして、そちらで入国審査や税関通過など、全てを済ませるようになっているのだそうです。
五つ星のゴージャスラウンジ、レストラン、ジム、ビジネスセンターへのアクセスも可。

まさにVIP 扱いのサービス!
旅の疲れどころか、王様・女王様気分が味わえること間違いなし。
しかし、肝心の費用については、まだ未定だそうで・・・。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ローカル新聞より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、コメントさせていただきます。私も実はシンガポールに住んでいるのですが、空港にジャグジー、プール、また市内観光サービスがあるとはしりませんでした。どこにあるのですか? 4年ちかく駐在してて、全く知らなかったので、思わずコメントしてしまいました。よろしくお願いします。
Posted by yumiko at 2006年05月21日 00:05
yumiko さん、
はじめまして。 こちらにお住まいとのことなので、もしかすると道でしょっちゅうすれ違っていたりするかもしれませんね。
さて、空港の施設ですが。
市内無料観光は、ターミナル1,2共に出発ホールの左右両側にそれぞれカウンターがあり、トランジットで6時間以上を空港で過ごすお客さん対象にしているそうです。
ジャグジー・プールは、ターミナル1のトランジットホテルのほうにあるということです。
実際には、私も利用したことはなく、手元にある空港資料によるものです。
出発のときには、必要以上に早く空港に行くことはまずないし、到着したらとりあえず早く家に帰りたいので、なかなかシンガポールが目的地だと、利用できません。 乗り継ぎでどこかに行ってみようかしら(笑)。
Posted by M at 2006年05月22日 08:21
チャンギエアポート!
懐かしいです!!
私が住んでいた遠い昔は、日本料理店が一件だけ、ファーストフードももちろんなかったのが、今ではものすごいことになっているのですね〜。
あ〜、シンガポールに帰りたいです(笑)
Posted by harumama at 2006年05月22日 16:57
早速のお返事ありがとうございます。ほんと普段は空港は、できるだけ長居したくないためか、全然恩恵に授かってないようなきします。 でもラグジュアリーエアターミナルは、一度で良いから味わってみたいものですね。
Posted by yumiko at 2006年05月22日 23:35
harumama さん、
シンガポール、この10年くらいで急速な変化を遂げたらしいですね。
チャンギエアポートは、飛行機が着陸してから全ての手続きを終えて空港を出るまでの時間が短くて済むように、よくシステムが機能して混沌としていないところが私は好きです。
次にシンガポールに来られるときには、空港も堪能してくださいね!
Posted by M at 2006年05月23日 08:34
yumiko さん、
いつか、ラグジュアリーターミナルですれ違いましょうね(笑)。
Posted by M at 2006年05月23日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。