2006年06月14日

マーライオン、シャワー中

シンガポールのシンボル、マーライオン。


merlion.jpg


先週アメリカから遊びに来ていた友達のリクエストで、マーライオン見物に行くと、なんと青い囲いに覆われています。

数年に一度の「マーライオンを徹底的に洗おう期間」だそうで、7月10日までのお目見え出来ないのだとか。
確かに、白いので汚れも目立つのでしょうね。
そんなにじっくりと、シゲシゲ見たことがないので、全然気が付きませんでしたが。

後ろにちょこりと立っている、ベイビーライオンのほうは、あっというまにお掃除も終わったのか、囲われていませんでした。

せっかくなので、翌日セントーサ島にある、もう一体のマーライオンに案内しました。


merlion2.jpg



こちらは、展望台を兼ねています。
中に入ると、マーライオンの物語を説明する10−15分ほどのミニ映画のようなものを上映していて、その後エレベーターで一気に10階へ。
口の部分と、頭の上が展望台になっています。

夜には、目の部分が緑色の光線を放ち、タテガミ部分がライトアップされます。

本家本元のマーライオンが身長8メートルと小柄なのに対し、セントーサ島のマーライオンタワーは、37メートルの高さがあるので、こちらのほうが見栄えはするかもしれません。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついこの間見た風景なんだけど、もう1ケ月以上も経つんですなー。
6月1日付でわりと仲良しの会社の後輩がシンガポールに異動になりました。
もうちょっと早く異動になってれば、「夜のシンガポール」も楽しめたかも?とちょっぴり残念だ。
Posted by なりなり at 2006年06月14日 21:43
マーライオンて、小柄なんですね。
それを知らずに見に行くと、えっ?!と思うという話はよく聞きます。
それにしても、コペンハーゲンの人魚姫にしても、オペラハウスにしても、
見に行く人はどんなのを期待してるんでしょうね。
がっかりされる側も気の毒です。
(書き込みできた!)
Posted by のわのわ at 2006年06月15日 10:04
なりなりさん、
たったの一ヶ月でも、なつかしいでしょ。
狭いシンガポール、その後輩の方とはどこかですれちがうかもしれません。
もしなにか情報などいるようでしたら、お力になりますので、いつでもどうぞ!

「夜のシンガポール」、東京ほどに洗練されていないかもしれませんが、最近は「クラブ」などにも力を入れているらしい。
でも、基本的にシンガポール人はあまりお酒を飲まない人が多いみたいですよ。
Posted by M at 2006年06月16日 08:13
のわのわさん、
書き込み成功! よかった!

マーライオンも人魚姫もオペラハウスも、作られたときには皆それで満足していたのではないかな。
時と共にこういったシンボル像、建築の大きさや派手さがエスカレートしていった結果、最近作られたものを見慣れている目には、少し前に作られたものがちょっとションボリ見えてしまうのでしょうか。
Posted by M at 2006年06月16日 08:16
ポンプ修理されたんですね。
4〜5年前ですが。。。
インドネシアのビザを取得するのにシンガポールに滞在したときは、本家のマーライオンは水を噴出してませんでした。
ポンプが壊れてるって話を聞いたことがありましたが…

かといって、セントーサ島の方までマーライオンを見に行く気力もなく…

初めて水を噴出すマーライオンを見た気がします。
結構な勢いで噴出してますね。
オモロイ。

ではー
Posted by あつせ at 2006年06月16日 15:32
あつせさん、
そうだったんですか。
ただでさえ、見に来た人にがっかりされがちな、かわいそうなマーライオン。
水を噴出するポンプまで壊れていたら、もっとがっかりされることが多かったのかと、更に気の毒。
一応、壊れたら直す、定期的に大掃除など、ケアはされているよう、よかった。
Posted by M at 2006年06月19日 09:35
>後ろにちょこりと立っている、ベイビーライオン
その存在はしらなかった!
Posted by ふるしほ at 2006年06月19日 09:47
ふるしほさん、
ベイビーライオン、あんまり知られていないかもしれません。
本体でも、「思っていたより小さい」と観光客に驚かれるので、皆それより小さいのがいても、気付かないのかもしれません(笑)。
「かわいいー!!」って、子供には人気ですよ。
Posted by M at 2006年06月21日 10:33
と、いうことはマーライオンは3体いるんですね。
観光パンフなどでみるものはその青い囲いのものなんですかね。
わたしもベイビーライオンのが見たい!
精神年齢がおこちゃまだから??

セントーサ島のでっかいのはそういえばかなり「お汚れ」かもね。(笑)
Posted by しゅぺる&こぼる at 2006年06月25日 08:38
しゅぺる&こぼるさん、
そう、マーライオンは3体あります。
圧倒的に上の写真のマーライオンが有名ですね。 
ま、こういう修理中&清掃中は、身代わりがあってよかったということでしょうか。

セントーサの方を洗うとなると、図体が大きいだけにこれまた大変かも。
Posted by M at 2006年06月28日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。