2006年06月29日

マナー調査によると・・・

最近、新聞で
「シンガポール人の無作法(rudeness)」
について、繰り返し取り上げられています。

世界各国の大都市で、人々のマナーに関する行動調査をとってみたところ、シンガポールは下から数えて何番目・・・という、最下位争いに加わっていたそうで。

調査というのは、例えば

・後ろの人のためにドアを抑えておく
・人通りの多い道端で、手にした書類の束を落としてしまったときに、拾い集めることに手を貸す


といった人が、どのくらいいるか?というようなものだそうです。

つい数日前には、
地下鉄の駅で心臓発作を起こしてベンチに倒れこんだ初老の男性を、たくさんの人たちが目の前を通行していながら、誰も声も掛けなければ助けを呼ぶこともしないまま数時間が経過した・・・
といった事例も伝えられていました。

しかしこれ、地方はさておき、大勢の人が忙しくひしめくほかのアジアの都市、例えば東京、大阪、バンコク、香港なんかと比べて、似たり寄ったりではないの?
なんというか、無礼にしてやろうと思っている意識はなくとも、後ろの人のためにドアを抑えておくといったマナーは、西欧とアジアでは根付き方が違います。
アジアの都会の人って、日本も含めて、知り合いにはすごーく丁寧で親切なんだけど、知らない人に対してはニコリともしないし、無礼にするつもりはなくとも、目に入っていないような感じがありますね。
「感じ」じゃなくて、本当に目に入っていないから、誰かが落とした書類にも全く気付かないだけなのかも??


ちなみに、先の調査で一番たくさんの人がドアを抑えてくれたり、書類を拾ってくれたりするのは、ニューヨークだったそうです。

確かに、アメリカ人はドアを抑える、人にぶつからないように歩く、ぶつかったらエクスキューズ・ミーと言う、そういったマナーはよいかもしれないし、フレンドリーではありますよね。
だから、うちの夫も時々シンガポールで人々の態度にカチンと来たり、え?と思ったりすることがあるらしく、調査結果やこうした新聞記事には
「そうだ!そうだ!」
と頷いていました。

でも、日本人から見るとアメリカ人は全然別の面で、態度がデカかったり、図々しかったり、rude と思われるような行動をするひともあるのでは、とも思うのですけれど・・・。

お国柄、でしょうね。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ローカル新聞より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は日本人や白人よりも、シンガポーリアンの方が親切だと思いましたよ。
これは、贔屓目ではなくて経験で。
MRTの席をさっと譲ってくれたり、道を先に通してくれたり、日本人よりもシンガポーリアンのほうが親切だった記憶があるます。
帰国した直後に乗った電車では、重い荷物を持っていても誰も席を譲ってくれなくて「日本はなんて冷たい国になってしまったんだろう」って思いましたもん。
確かにどこの国でも冷たい人はいるから、一概にこの国とランキング形式にするのはどうかな?と思いますが、私はシンガポーリアンは、ジェントルマン多いと思うのですけどねえ。

Posted by harumama at 2006年06月29日 21:08
この調査結果をFMラジオのニュースで聞いたんですが、よく意味がわっかりませ〜ん、でした。
日本は調査対象に入ってないんですよね。どこが対象やったんやろ〜???
日本ではセレブ県(だったかな?)調査で福井県が一位になっちゃって、
他県から非難轟々、福井県の人たちもなんで??と途惑ってるそうです。
このての調査って不思議。
Posted by nowanowa at 2006年06月29日 23:59
私も妊娠中に、札幌駅真ん前で座り込んでしまった経験(切迫流産しかけて)があるのですが、あからさまに妊婦と分かるであろうお腹で座り込み、小声で『タスケテ』と言ってましたが誰も声かけてきませんでした。
チラ見はするのに…。
大人がそれですから、子供たちはそういう配慮、知らないまま育つ。そして益々素知らぬフリの大人が出来上がる。悲しい悪循環ですね。
結局その時は自力でタクシー乗りましたが、動けないままだったらと思うと、また侘しくなってきちゃいました。
わが子には、人への思いやりの心を自然に身に着けてくれるよう頑張りたい。
Posted by mogu@携帯ょり at 2006年06月30日 05:55
私の知ってるアメリカ人はきっと控え目(?)な人が多いのですが、、、
最近終っちゃいましたが、あの全米で視聴率No.1だった「アメリカン・アイドル」を最初からずっと見てたのですが、予選に集まってくる人の多いこと。。。しかも、皆、自分こそが真のアメリカン・アイドルになるにふさわしいと思っている。審査員の辛辣な批評にも「あいつはわかっていない」「私がスターになったらきっと落としたこと後悔する」等々。
全員日本人の我家(笑)では、そうゆうアメリカ人の自意識過剰な部分に爆笑していたものでした。
そのような日本人(含むアジア)が増えてくるのでしょうか!?
Posted by ふるしほ at 2006年07月03日 12:22
harumama さん、
どこの国でも、マナーのよい人もいれば、そうでない人もいますよね。
親切な人もいれば、不親切な人もいる。
でも、シンガポール人は一般に規則で決められていることには、すごく真面目にきっちりと守るけれど、そうでないことに対しては注意を払わない傾向があるかな〜とは思いますね。 
もちろん、それも人それぞれですが。
あと、ハンドルを握ると非常にアグレッシブになる人が多いのにはびっくり。 道を歩いている人はあんなにダラダラペースなのに、なぜ車の運転はそんなにせっかち??と不思議に思います(笑)。
Posted by M at 2006年07月03日 14:17
nowanowa さん、
そうなんですよね、日本の都市は対象に入っていなかったみたい。
ところで、セレブ県ってなんでしょう??
有名人をたくさん輩出している県・・・ではないのでしょうね、非難を浴びるくらいなら。
セレブと言われる生活をしている人が多いということ??
Posted by M at 2006年07月03日 14:20
mogu さん、
それは、怖い体験!
誰もいないから助けてもらえない、のは怖いけれど、たくさん人がいるのに助けてもらえないのは、もっと怖い。
チラッと見るのだから、気付いていないわけではないのですね。
mogu さんの言うとおり、大人が出来ていないことは子供は絶対無理でしょう。 口であれこれしつけするより、大人の行動ひとつが大きな影響与えるのでしょうねえ。
私も、気をつけないと。
Posted by M at 2006年07月03日 14:23
ふるしほさん、
自分に自信がなさ過ぎるのも良くないだろうとは思うものの、自意識過剰だったり、自分自身や子供の自慢をあっけらかんとするアメリカ人に驚かされることは多々ありました。
ある意味、幸せかもしれないですよね〜。

そうそう、あの番組のまねっこして「シンガポール・アイドル」というのもやっていましたよ。
Posted by M at 2006年07月03日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20012230
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。