2006年10月11日

中秋節@ チャイナタウンの明かり

日本で言うところの、十五夜ですね。
今年は、10月6日でした。

チャイナタウンは、9月半ば頃から大賑わい。

chinatown.jpg

chinatown 3.jpg


ランタン・フェスティバルとも呼ばれ、子供達は手に手に提灯を手にして夜にお月見をするわけです。
昔は、きっと紙で作った質素な提灯だったのかもしれませんが、今は色も形も派手派手。
電池で音が鳴ったり、人形が踊る仕掛けがあったり。
提灯のお店では、子供も目移りしますよね〜。

Lantern.jpg

夜も更けてきて・・・

chinatown 2.jpg


こんな立派なランタンもチャイナタウンの大通り沿いに灯されています。

lantern 2.jpg

lantern 3.jpg
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めっちゃ、綺麗☆
ランタンフェスティバルどこかで見たなと思ったら、へなちょこログでした。
あれは長崎だったのかな?
チャイナタウンの活気といろとりどりの紙風船、人ごみの中、かきわけていったら
めまいを起こしそう!
でも実物をいつか見てみたい。
Posted by しゅぺる&こぼる at 2006年11月04日 23:24
しゅぺる&こぼるさん、
ランタンフェスティバルというと、奈良の東大寺での万灯籠を思い浮かべるのですが、色合いや風情が全然違うんですよね。
東大寺のものが幻想的なのに比べて、チャイナタウンのものは、ほんとうに賑やか。
まさに頭がクラクラ・・・。
でも、子供にはこういう派手なランタンは見ていてとっても楽しいみたいです。
Posted by M at 2006年11月07日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。