2006年10月17日

中秋節B 巨大な柑橘フルーツ

中秋節にお月様にお供えするものとして、月餅のほかに欠かせないものがポメロという柑橘系の果物。
一年中お店には売っているけれど、やはりこの時期になると突然大量に並べられます。

pomelo 2.jpg


pomelo 3.jpg


大きさには多少ばらつきがあるけれども、普通のネーブルオレンジと比べて見ると、こんな感じ。

pomelo.jpg


もっと大きいものでは、人の頭くらい。

どんな果物も同じではあるけれど、ポメロは味のあたりハズレが結構あるらしい。
ジューシーで甘みがあっておいしいものから、カスカスで苦いものまで。
何を基準に選んだらよいかわからず、適当に買ってみました。

皮を剥くだけで一苦労。
外の皮と身の間にある白い筋の層がすごく厚くて、真綿でしっかりとくるまれている様。

実の部分をジュースにしてみましたが・・・マズッ!!
どうやら「ハズレ」をひいてしまった。
家族からも、「こんなに不味いジュースは飲んだことがない!」と散々なコメントを受けました。

名誉挽回のため、再度挑戦してみます、そのうち。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 祝日、伝統など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと変わった形ですね。
高知特産の文旦も子供の頭くらいの大きさで
白い層がふわふわで分厚いのですが、似てるのかしら?私は結構好きです。
アタリをひくまで評価は保留ですね。
Posted by のわのわ at 2006年10月18日 18:17
先日TVでシンガのことやってました。
国土は琵琶湖ほどなのですね。
なのに、ぎっしりいろんな文化が詰まってる国。
子供も充分おっきくなったのに、別に意味で手がかかり、ゆっくり季節を味わえません。
他国の風習をこうして知るのは楽しいわ!
ジャパンの慣わしも子供に伝えていかねばっ、と少し反省。
にしてもシンガは益々私にとって魅力的な国になってきてます。
別の酒飲みとシンガ行きになるかも。
酒飲みには変わらないけどね。
Posted by ふるしほ at 2006年10月20日 10:36
ジャムにしてみてはどうでしょう?

先日TVでシンガのことやってました。
国土は琵琶湖ほどなのですね。
なのに、ぎっしりいろんな文化が詰まってる国。
子供も充分おっきくなったのに、別に意味で手がかかり、ゆっくり季節を味わえません。
他国の風習をこうして知るのは楽しいわ!
ジャパンの慣わしも子供に伝えていかねばっ、と少し反省。
にしてもシンガは益々私にとって魅力的な国になってきてます。
別の酒飲みとシンガ行きになるかも。
酒飲みには変わらないけどね。
Posted by ふるしほ at 2006年10月20日 10:38
のわのわさん、
子供の頭というより、大人の頭ほどのものもごろごろしているんですが、そういえば文旦に似ている様に思います。
それにしても、中秋節が終わると、さーっと波が引いていくかのように店頭に並ぶポメロの数が激減・・・!
Posted by M at 2006年10月21日 12:42
ふるしほさん、
ジャムですか、それは良さそう!
いつか・・・そのうち・・・むにゃむにゃ。
国の大きさは、琵琶湖とか淡路島とか東京23区とかが同じくらいだそうです。
狭くて、飽きちゃう!という人も結構いるんですけど、私はあんまりそういった意味での不満はないです。
別の酒飲みでも大歓迎。
ふるしほさんのまわりには常に酒飲みが集っているのですよね、きっと。
Posted by M at 2006年10月21日 12:46
うむう。
まずいですか!
こんなに大量陳列してるのに。
ひょっとして食用でなかったりして・・・。
そんなことはないですよね?
Posted by 猫屋会館 at 2006年11月06日 21:44
猫屋会館さん、
いや、私の選び方がまずかったのが原因第一だったのだと思います(涙)。
おいしいのを見分ける術を知った人なら、ちゃんとジューシイで甘いポメロが食べられたはず。
まだまだ修行が足りません、私。
Posted by M at 2006年11月07日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。