2006年11月27日

タイガービール工場見学

シンガポールでビールといえば、タイガービール。
ねっとりむしむしと暑いこの気候には、とてもピッタリのスッキリ爽やかなラガータイプ。 
クセが強すぎず、それでいて水っぽくもなく、色々な食べ物とも相性がよいので気に入っています。

先日、タイガービールの工場見学という企画のお誘いを受け、出かけてきました。

tiger beer 5.jpg

建物外観。


tiger beer 4.jpg


tiger beer.jpg


イギリス軍にビールを供給していた頃には、物資がなくて非常に水っぽいものだったとか。
今では、海外進出も果たし、逆にハイネケンやギネスといった外国のビールの委託生産もしているそうです。

工場の中での醸造、缶・ビン詰、殺菌、クオリティ・コントロールの様子を見せてもらいましたが、全てオートメーションなのでほとんど無人。
工場内での写真は当然ながら禁止されていました。

工場内部を見学するのはこれが初めてではないですが、大きな建物の中のパイプやタンクの中を満たし、流れているものがぜーんぶビールなのか〜というのは、不思議な感慨が・・・。

暑い工場内を歩き回ったあとは、本日のメインイベント、試飲タイム!!
(これが目的で企画された、とも言える)
安っぽいプラスチックの椅子とテーブルに紙コップでセルフサービス、そんな試飲を思い描いていた私には、うれしい驚き。

tiger beer 3.jpg

tiger beer 2.jpg

ちゃんとしたパブのような「試飲室」に通されました。
プラスティックではない、ソファ椅子で寛ぎながらのビールタイム。
係りのおねえさんが、その度にジョッキに新鮮なビールを注いでくれます。
タイガービールだけでなく、ギネスもハイネケンもあり、大満足!!

締めはタイガーグッズお土産購入。
ビールグラスを手に、ほろ酔いで帰途につきました。

こんな見学なら、何度でも大歓迎だわ〜。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サントリー武蔵野ビール工場が近所にありますが、同じような感じね(ユーミンの「中央フリーウェイ」に出てくる有名な工場)。
そこもきれいなコンパニオンのお姉さんが親切に工場見学案内してきれた後に、30分飲み放題タイムがあります。なんせタダですから、皆さん飲みまくっていたのを覚えています。
Posted by なりなり at 2006年11月27日 21:57
タイガービールというのがシンガポールの代表ビールなのですか!参考になります♪
日本では沖縄のオリオンビールが私は大好きです^^
タイガービールはタイガーバームガーデンとは関連性はあるのでしょうか?
昔々のタイガーバームガーデンは、おどろおどろしい小さな人形が沢山あって、怖かったです〜。
Posted by harumama at 2006年11月27日 22:05
なりなりさん、
ビール工場の見学と言うと、だいたいそのような手順になっているのかもしれませんね。 
あれだけ巨大なタンクにビールがどんどん出来上がっていくところを見せられたあとには、「これくらいの試飲しても、なんてことないんだろうなあ〜」とも思いました。 会社としては、よい宣伝になるしね!
工場見学は、自分の好きなものを作っている会社に行くに限りますね!!
Posted by M at 2006年11月28日 08:21
harumama さん、
シンガポールで暮らしていたのは小学生までということでしたから、ビールの記憶なんてなくて当然ですよね(笑)。
タイガービールとタイガーバーム、ほんとだ、何か関連あるのかどうか・・・。
シンガポールアイコンはマーライオンだし、猫科の大形動物が頻繁に登場する国ですね!
タイガーバームガーデン、改装して小奇麗になっていると人づてに聞いたような気がします。 今度行ってみようかな。
Posted by M at 2006年11月28日 08:24
またまた、こうゆう話題には飛びつきます。
ビール工場見学はまだ手をつけてませんでした。
無料なの?
熱い国だとビールは水のようなものよね。
水よりもビールが安い国もあるし。

関西岡崎のサントリー(ウィスキー)は有料だときいてます。
工場見学といえば、グリコのポッキープリッツ工場(西区)、ビスコ工場(塚本)、森永製菓(塚口)、明治製菓(高槻)と菓子部門はいきまくりました。
それぞれお子ちゃまにお土産がありますしね。
今度、半年前に予約をした日清の工場見学に行ってきます。
カップヌードルを自分で作るの♪
もちろん、今後は大人の工場見学(アルコール部門)にトライしてみようと思ってます。
近所には清酒製造所がたぁ〜〜くさんありますからねぇ♪
Mちゃんが帰ってきた時に案内出来るように。
Posted by ふるしほ at 2006年11月28日 10:36
またまた、こうゆう話題には飛びつきます。
ビール工場見学はまだ手をつけてませんでした。
無料なの?
熱い国だとビールは水のようなものよね。
水よりもビールが安い国もあるし。

関西岡崎のサントリー(ウィスキー)は有料だときいてます。
工場見学といえば、グリコのポッキープリッツ工場(西区)、ビスコ工場(塚本)、森永製菓(塚口)、明治製菓(高槻)と菓子部門はいきまくりました。
それぞれお子ちゃまにお土産がありますしね。
今度、半年前に予約をした日清の工場見学に行ってきます。
カップヌードルを自分で作るの♪
もちろん、今後は大人の工場見学(アルコール部門)にトライしてみようと思ってます。
近所には清酒製造所がたぁ〜〜くさんありますからねぇ♪
Mちゃんが帰ってきた時に案内出来るように。
Posted by ふるしほ at 2006年11月28日 10:38
あら〜いいなあー。試飲ビールってのも。
とってもおいしい企画。タイガービールかあ、World marketかで売ってるかな?私も試飲してみたいわー。
Posted by サマンサのママ at 2006年11月30日 13:53
ふるしほさん、
シンガポールへ遊びにこられたら、ふるしほさんも(水代わりに!?)必ず口にするビールです。
見学は、10人以上のグループで受付ということで、グループあたりの値段がシンガポールドルで$100。 たくさん集まれば集まるほど一人当たりのお値段は安くなるという仕組みです。
今回企画してくれた方は、16人くらいのグループを募っていたので、お得でした♪
お菓子工場が集まっているあたりの地域に、確かキリンビールの工場もありましたよね? 一年に一度、あそこでオープンハウスのイベントがあって行ったことは覚えているのですが・・。
ふるしほさんちご近所の清酒製造所巡り、いいですね! 私も是非行きたい。
あ、そのまえにカップヌードルの手作りですね。 どんな風なのかな〜。
Posted by M at 2006年12月01日 08:31
サマンサのママさん、
ヨーロッパやアメリカでの販売にも力を入れ始めているらしいので、World Market なら、あるかもしれない!!
探してみてください。
日本人の口には合うビールだと思います。
Posted by M at 2006年12月01日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。