2007年03月20日

シンガポール版・生春巻き(?)ポピア

丸く薄い皮に具を包むのは、古今東西あちこちで見られるポピュラーな食べ方の一種なのでしょう。
クレープ、タコス、春巻き、ナドナド。

シンガポールでこれにあたるものというと、おそらくポピア。

popia 4.jpg


ニンニク風味を効かせて、甘辛いソースを薄い米粉の生地に塗った上に具材を置いて巻いてあります。
中身は、細切りし、味付けした蕪とニンジン(切干大根の煮物のようなもの)、エビ、卵、レタス、もやし、砕いたピーナッツなど。
お好みで、チリも効かせるとピリリと辛口。

このポピアの皮で有名だというお店がJoo Chiat ロードにあります。

popia 3.jpg


popia 2.jpg


バケツ(?)の中から取り出した真っ白い生地を、おじさんは慣れた手つきで取り出し、手のひらでクルクル回していたかと思うと、程よく熱されてきた鉄板の上にヨーヨーやマリつきのような手際で丸く薄い皮を広げます。

なんだか手品を見ているよう・・・。

あっというまに出来上がったものを、たくさん重ねて。

popia.jpg


見事な職人技でした。


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うおっ。うまそう。
皮で巻いてある食べ物って、なぜかどれもおいしそうに見えるんだよなあ。
いいなあ。
Posted by とら at 2007年03月20日 20:27
昔は普通に食べたり、5年前に友達とシンガポールへ旅行したときにも食べた記憶がありますが、この生春巻きはポピアという名前だったのですね☆
甘辛くて美味しいですよね〜♪食べたくなってきちゃいました^^
あと↓の火渡りはティミティというのですか〜。
タイプーサム・ハリラヤハジ・ハリラヤプアサ・チャイニーズニューイヤーなどの行事は小学校でプリントをもらい、学んだ記憶があります。
でも、もう記憶もおぼろげです^^;
Posted by harumama at 2007年03月22日 10:55
とらさん!
こんにちは。
大きな皮で巻いた春巻き風のものとか、ちいさな皮で包んだ餃子風のものって、あちらこちらで見られますよね!
中身が違っていて面白いけれど、なかなかおいしいものが多いような気がします。
Posted by M at 2007年03月23日 19:17
harumama さん、
私はいつも、harumama さんの記憶力に驚いているんですよ。
こちらで暮らしていたのは随分昔なのに、色々鮮明に覚えているんだな〜って。
ま、確かに私が小学生だった頃を思い出すのと比べると、年月の差がかなりあるわけですが(笑)。
Posted by M at 2007年03月23日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36414647
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。