2007年05月03日

海の面積が増えると、シンガポールは??

地球温暖化が問題視される、今日この頃。
南極・北極圏の氷がどんどん解けて、地球上の海の水面が上がっていくことが予想されていますよね。

正確に、何年後に何センチ上昇、あるいは何メートル上昇ということはわからないとしても、島国にとっては大問題。
これは、日本でも危惧されていることでしょうし、もともと東京23区の大きさしかない小さな国シンガポールにとっては、国の存亡をめぐる事柄です。

そんなわけで、デンマークの国を参考にしたいと相談しているらしい。
北欧の国デンマークは、ヨーロッパ大陸から続く半島と500ほどの島々から成り、首都コペンハーゲンは運河が走る町並み。

いつかシンガポールも、道路が水面下に沈み、ゴンドラでA地点からB地点へ移動・・・なんて日がやってくるのでしょうか!?

前首相リー・クワンユー氏は、
「直前になって慌てるようでは遅いのです。 
先を見越して、あらかじめ対策を考えておけるようでなくては。
これは温暖化の問題に限らず、あらゆる事柄に対して同じです。
そういう国でなくてはなりません。」

というような発言をされていました。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル新聞より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。