2007年08月28日

ホコリまみれの建設ラッシュ

夏休みの間長らく留守にしていましたが、ようやく戻ってきて日常生活も軌道に乗りつつあります。

シンガポール、1,2年前から建設ラッシュを迎えています。
20年30年経って老朽化したコンドミニアムなどは、どんどん取り壊しが決まり、新しい高層住宅やホテルが建てられている途中なのです。

我が家の近くも、次々と建物の取り壊し・建築が始まっていたのですが、1−2ヶ月留守にしている間に、随分と作業が進んでいて、帰ってきてあっと驚く景色もありました。

いたるところ工事中なので、ホコリっぽいのと騒音が玉に瑕。


construction2.jpg


construction.jpg


こんな状況の中、建設関係の会社は大忙しでしょうね。
日本からの駐在の方の中にも、こうしたお仕事で来られている方もたくさんいらっしゃいます。
そうそう、昨日の新聞には、日本の大成建設がその安全性につき政府の賞を受賞したとのニュースが載っていました。
また建設現場では、水溜りが出来やすく、デング熱蔓延の原因となる蚊の発生が起こりやすいのですが、同社の現場からはそうしたことも一切見られないとのこと、そちらでも受賞したそうです。
私は、建設業界とは全く何の関わりもないのですが、日本の会社がこうして認められている話は、なんとも誇らしく思えてうれしいです。

取り壊しの決まって立ち退きせざるを得ない住民が増えたことや、駐在者の数が増えていることも関係あるのか、はたまた投資目的で不動産を買い占めるお金持ちが多いのか、建設ラッシュと同時に不動産の値段がドンドン上がっています。
留守中の間にも、賃貸価格が二倍に吊り上げられて、引越しを余儀なくされたという友達が何人かいました。

いったい、このバブルとも思われる現象はいつまで続くのやら。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよね。。。
数年前からマンションのリフォームラッシュで、私が最初住んでいた所は既に去年取り壊しになり、最後に住んでいた一番思い出のマンション(ガンダムマンションという別名で日本人には呼ばれていたのですが、わかりますか??)は来年の3月に取り壊し決定だそうです。
日本の大成建設がそんな賞を受賞されていたのは初めて知りました。
シンガポールは数年であっという間に変わってしまう国なので、次回行く時にはまた違っているのでしょうね。
面影が全く無くなってしまうのも、正直淋しい限りです。
Posted by harumama at 2007年08月28日 17:31
harumama さん、
そうですよね、昔自分が住んでいたところがどんどん変わっていくのは、複雑な気分。
私は日本に帰国したときにそう感じます。
かつては知り尽くしていたはずの場所なのに、今や全く未知の世界で・・・それは景観が変わったことと、自分の記憶があやふやになってしまったこと、両方が原因なのですが(笑)。
それにしても、新しく造られるのも高層ビルばかり。
大きな地震なんかきたら、大変なことになるのでは??と、地震の国出身者はついつい考えてしまいます。
Posted by M at 2007年08月29日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。