2007年09月06日

シンガポールのゴミ

夏の休暇から帰ってきて、新しく私達の住んでいるコンドミニアムに登場していたものがありました!!

それは

recycle.jpg

リサイクルボックス

シンガポールに引っ越してきたときに、驚いたことのひとつに、
ゴミの分別がまるっきり何もない
ということがありました。

生ゴミも、古新聞、空き缶・空き瓶、なんでも要らない物はキッチンからダストシュートに放り込むシステムには、
環境問題が叫ばれる現代にこんなことでいいのか??
と、かなり抵抗を感じました。
管理事務所にリサイクルのシステムについて問い合わせたのですが、
そんなものは、ない。
と、木で鼻をくくったような返事。
あんたは、ナゼそんな厄介なことを言い出すのか??
と、迷惑そうな表情ですらあったんですよ・・。

私の日本の実家の地域のように、月曜日は生ゴミ、火曜日は紙類、隔週水曜日は缶と瓶、と事細かく収集の日が分けられ、ゴミを出してよい時間もきっちり管理されているような場合、なんだかゴミに縛られて毎日がまわっているようで、それはそれで落ち着かなくはありますが。
ダストシュートから何でもポイ生活は、全く気楽で便利ですけれど、いつもなにか後ろめたいような、悪いことをしているような、すっきりしない気分ではあったんです。

ところが、最近になってチラホラとリサイクルできるゴミを分けて捨てられるシステムを取り入れるコンドミニアムが出てきた、というニュースを聞き始め・・・
ついに、うちにも!!

しかし、これ、紙類も空き缶、空き瓶、プラスチックから古着までなんでも捨ててよいという・・・
中を見ると、食べかけのとうもろこしの芯まで捨ててある・・・

とりあえず初めの一歩は踏み出したものの、まだまだリサイクルへの道は徹底していないのでしょう。

ところで、シンガポールのゴミの行方、よくわからないんですよね〜。
ゴミは全部隣国インドネシア(・・・だったか、マレーシアだったか)にそっくりそのまま運び込み、そちらで分別も処理もしてもらっている。
その方がずっとコストが安くつくから。

と、以前シンガポール人から聞いて、説得力あるなあとは思ったんだけど、これってほんと??


posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全部ダストシュートへのポイ捨て、日本の細かい分別に辟易している私には天国のようでした。
そっか。そのゴミの行方までは知りませんでした。
シンガポールのゴミは海外にいっていたとは!
確かにシンガポールでゴミ集積場ってみたことが無いかもしれません。
リサイクルボックスなのに、無意味になってしまう大らかなところが私は好きなのですが、環境問題を考えると喜んではいけないのかもしれませんね^^;
Posted by harumama at 2007年09月07日 15:45
harumama さん、
ゴミの海外行き、ほんとかどうか私にもよくわからないのですけれど・・・なんか、やけに説得力あるんですよね。

ダストシュート生活は、いつでも好きなものを好きなだけ、好きな日好きな時間に捨てられるので本当に便利ですけど、これでいいの??ってところも心の片隅にあるので、せめてリサイクルボックスを正しく利用したいと思っています(笑)。
Posted by M at 2007年09月08日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53894841
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。