2007年10月11日

B級グルメスナック・カレーパフ

シンガポールの人たち、忙しいからかどうだか、老若男女問わず、道を歩きながらの買い食いをする人がとても多いです。
日本人の感覚からすると、なんだか行儀が悪いように見えるのですが、この光景にも見慣れました。
そうした習慣があるからか、街中にはまさに歩きながら食べるのに格好のスナックが溢れています。


Curry Puffs.jpg

インドのサモサが起源だという、カレーパフ。
シンガポールの街角あちこちで売っている、手軽なスナックのひとつです。

この写真のものは、巨大な揚げ餃子のような形状ですが、もっとサモサに近い、薄皮に三角形に包まれたものもあります。


Curry Puffs2.jpg

カレーパフの主流は、ゆでたジャガイモをカレー味に味付けしたものが具になっています(写真右)。
辛さも、店によってそれぞれですが、とびあがるほど辛いものにはお目にかかったことがありません。
写真左手のものの中身は、サーディン。
あんまりおいしそうだと思わなかったのですが、シンガポール人の友人に強く薦められて買ってみたところ、意外にいける!
カレー味のジャガイモよりいいかも。
ビールの共にピッタリです。

カレーパフは、細々とした商売としてスタートしたようですが、今や次々と支店を増やしたチェーン展開をするものもいたり、香港だか中国だかまで外国進出をするまでに成功している店もあるらしいです。

が、そうしてカレーパフビジネスで成功し、シンガポールの首相にまで称えられたという店主が、先日脱税で捕まったとのニュースがありました。
B級グルメスナックで脱税するまで儲けると言うのは、別の意味ですごい!と感心してしまいました。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わわ!カレーパフ懐かしいです〜♪
そういえば、昔よく食べていたなあ☆
口の中が思い出の味でいっぱいになってしまいました。
あー、食べたい!
それと↓の植物園のフレンチレストラン、とても気になります!
来年か再来年にはシンガポールへの旅行が夫と私の間でほぼ決定となったので、是非訪れてみたいです^^
Posted by harumama at 2007年10月11日 16:17
わわ!カレーパフ懐かしいです〜♪
そういえば、昔よく食べていたなあ☆
口の中が思い出の味でいっぱいになってしまいました。
あー、食べたい!
それと↓の植物園のフレンチレストラン、とても気になります!
来年か再来年にはシンガポールへの旅行が夫と私の間でほぼ決定となったので、是非訪れてみたいです^^

Posted by harumama at 2007年10月11日 16:18
harumama さん、
カレーパフ、日本でもありそうな気がしたのですが、やっぱりないでしょうか。
こちらだと、セブンイレブンなんかでも売っていたりします。
グアム家族旅行を体験し、シンガポール旅行計画が具体的になってきたんですね!!
シンガポールは時差もほとんどないし、家族で楽しめるところがいっぱいあるのでハルちゃんも喜びそうですね。
植物園のレストランはとっても素敵です。
それから、つい最近オープンしたばかりの子供のエリアに昨日行って来たのですが、そちらもよかったですよ。
近々こちらの記事にアップしたいと思っています。
Posted by M at 2007年10月12日 11:49
真夜中に〜マダムの罠に〜〜〜(笑)
すごく美味しそう!!
カレー好きな私としては(ジャガイモも好き)ツボだなぁ。食べてみたい☆
あぁ、お腹が空きました〜〜〜

サーディンも気になる!
カレーパフ、作ってみたいけど外側はどんな感じなのでしょうか?

Posted by さいこ at 2007年10月18日 02:27
さいこさん、
ほんと、さいこさんなら作れそう!
このお店のは、外の皮は餃子の皮の厚いのと、パイ生地を足して二で割った感じ??
でも、インドのサモサ風のものは、フィロ生地っていうんですか? そういう層の重なったサクサクしたような生地です。
色々試してみると、面白いかも〜。

成功したら、シンガポールでチェーン店経営っていう手がありますよ!!
Posted by M at 2007年10月19日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。