2007年10月28日

居候が住み着く木

botanic plant7.jpg


botanic plant5.jpg


こんな風に、小さな植物が大きな木に肩車してもらっているような姿を、街路樹などにもよく見かけます。
植物園にあった説明を見ると、これは養生植物というのだそう。
寄生とは違い、別に大きな木から養分を吸い取っているわけではなく、ただ場所を貸してもらっているだけ。
その様は、まるで間借りしている、下宿人、あるいは居候。

熱帯雨林など密林では、鬱蒼と茂る樹木の中、ちょうど空いている空間で育つための、植物なりの工夫ということのようです。

botanic plant6(着生植物).jpg
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー、植物、動物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。