2005年09月02日

ドリアンのせいで犯罪者に!

果物の王様・ドリアン。
公共の乗り物に持ち込み禁止令を出される程の、強烈な異臭を放つ!
しかし、甘くとろけるような味の虜になったが最後、ドリアンなしでは一日たりとも生き延びられない常習性があるということです(?)。

ただの果物と侮っていると、おそるべし、こんな犯罪のもとにまでなってしまう。

以下、9月2日 The Straits Times より。

ケース@ Mr. Oh Boon Leng (50) の犯した罪
ある日の夕方、5:30pmのこと。 どうしてもドリアンが食べたい氏は、妻に買ってくるよう言いつける。 
しかし、どこを探し回っても夫人はドリアンを見つけられず、ついに8:30pm、手ぶらで自宅に戻る。 
夫婦喧嘩がエスカレートして、Oh 氏は、妻を殴ったうえ、「てめえの命、今夜10時以降、あるものと思うな!」と凄む。
身の危険を感じた夫人は、三人の子供を連れて警察に駆け込み、夫は三ヶ月の拘留。

ケースA Mr. Murugeswaran Murugiah (27) の犯した罪
果物露店から、$250相当のドリアンをこっそり盗み、タクシーに乗り込むが、不審に思った店主の息子が後をつけて、発覚。 $2000の罰金を支払う。
posted by M at 15:24| シンガポール ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物、食習慣など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生ドリアン食べたことがないんですよ。
最近、会社でタイ駐在の方が帰国みやげに
ドリアンチップスを買ってきてくれたんですけど、これがうまい!!
カシューナッツみたいな味でした。
臭いという先入観があったのに匂いもなくてひょうしぬけ。

常習性のあるとろける甘さ。
禁断の香り。。。(強烈だそうですね。
ガ○みたいな匂いと聞きましたが。)
マダムは食べたことありますよね、もちろん。

こつこつとお引越しされていたのですね。
完成して軌道に乗るまではご苦労もあったでしょう。
とってもすてきなブログになりましたね。また読みに来ます!
Posted by しゅぺる&こぼる at 2006年05月04日 21:56
へえ〜、ドリアンチップスは私は見たことがないです。
まずはドリアンプリンからスタートしてから生ドリアンにたどり着きました。
まあ、おいしいけれど、私自身はそこまで夢中になれない(甘いものがあまり得意でないせいかも?)。
店で買って、家に持って帰るとすぐに食べないと家の中ににおいがこもって大変。 いや、すぐに食べても・・・!!

さっそく読みに来ていただいて、有難うございます! これからもよろしく。
Posted by M at 2006年05月05日 09:40
んふっ♪嬉しい!!
こんな秘密の花園があった事を
今まで気付けなかったなんてっ!
ドリアンとは違う禁断の香りがします(笑)
教えてくださり嬉しいデス(´∀`ゞ
Posted by mogu at 2006年05月05日 14:51
禁断の香りが、いつのまにかドリアンのような強烈なガス臭や腐臭に変わらないように気をつけます・・・。

まだまだ「これから」のブログなんですが、今後ともよろしくお願いします!
Posted by M at 2006年05月06日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。