2007年11月23日

スンゲイブロウ湿地帯のミニ探検C

この自然保護区を囲んでいるのは、マングローブ林。
海水に漬かりながら生育する様子は、独特ですね。
熱帯地域で多く見られるものらしく、日本では沖縄あたりにマングローブが育つのでしょうか。

近年は破壊も進む一方らしく、こうした地域はまさに保護しなければならないのですね。

スンゲイブロウ6.jpg


スンゲイブロウ12.jpg

潮がひくとこんな感じ。


スンゲイブロウ13.jpg

スンゲイブロウ14.jpg

根っこや幹の下部には、このような貝がたくさんくっついています。
木登り蟹なんかも生息しているらしいのですが、残念ながら見つけられませんでした。


スンゲイブロウ15.jpg


シンガポールは、自然を守りながらも人々に十分アクセスできる様に整えるやり方が上手なのだな〜といつも思うのです。
人工的になりすぎず、でも余程の物好きでなければ訪れる気にならないような放置の仕方でもなく、という匙加減が絶妙。
スンゲイブロウも、手を加えすぎてはいないけれど、インフォメーションコーナーには展示や映像で知識を深める施設も整っているし、まあまあきれいなトイレ、飲食コーナーもある。
土曜日にはガイドツアーもあるらしい。
こうした専門家の話を聞きながら歩くと、また発見が多くて楽しそう。



posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー、植物、動物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。