2008年03月21日

エスキモー・イン・シンガポール

常夏の国シンガポールではありますが、一応一年は乾季と雨季に分けられ、だいたい11月から1月、2月ごろまでが降水量の多い雨季となります。
土砂降り、雷は好ましくないけれど、気温が下がって少し過ごしやすくなるので有難くもあるのが雨季。

今年も雨季は終わった・・・と思っていたのに、3月に入ってからまた毎日のように雨降りです。
新聞にも、今年の3月は例年になく平均気温が低いという記事が出ていました。
それは良いのですが、記述の大げささにびっくり。
「いつにない寒さに、子供たちはエスキモーのように重ね着をしなくてはならず・・・」イラストのマーライオンは、口から噴出す水が凍り付いてしまっている始末。

・・・あの〜、確かにシンガポールの3月としては涼しいかもしれないけれど、それでも平均気温25度超えてるんですけど・・・。
皆、半そでにサンダルで歩いているんですけど・・・。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル新聞より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89880507
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。