2008年03月31日

シンガポールの公団住宅

土地の狭いシンガポールでは、ほとんどの住宅が高層集合住宅。
1965年に国として独立したときには、住宅不足が問題のひとつだったのですが、HDBと呼ばれる公団住宅をどんどん建設します。
初めは賃貸で、その後は買い上げで人々がHDBに住み始めるようになっていきますが、今でもシンガポール全人口の80パーセントが公団住宅に住むということです。

HDB.jpg

HDB2.jpg

通路に中国風の赤い飾りのついた家もありますね。
こうしたHDBのビルディングの一階は、日用雑貨や食材を売るお店だったり、地元の人々で賑わう食堂だったりします。
今までの記事で紹介したものもありますが、いわゆるB級グルメメニューのバクテーやダックライス、チキンライス、そうしたものはここでも食べられます。
HDBで暮らしている人は、自宅のキッチンで料理するよりも同じ建物の一階で食事するほうが手軽で安上がりだとも聞きます。
パジャマみたいな格好でウロウロしている人もいっぱい見かけますが、半分は自分の家の中・・・という感覚なのかもしれませんね。


HDB4.jpg


HDB3.jpg

洗濯物の干し方が独特。
竿を建物と平行にせず、宙に向かって突き上げるようにします。

このごろは、こうした公団住宅の値段もぐんぐん上昇中らしい。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地価や賃金水準の高いシンガポールで、外食したほうが安い、というのはうらやましいです。しかも、おいしいですからねえ。
ここ、ドイツは外で食べるのは勇気がいります。はずれ、のことが多いかな〜

中国人のレストランでも外れることがあるので、ショックです。シンガポールに料理の研修に行って欲しいものです・・
Posted by ドイツりす at 2008年04月01日 07:09
ドイツりすさん、
こちらの外食も、屋台に毛の生えたようなこうしたお店から、高級中華にフレンチと様々なものがありますが、とにかく手軽にその辺のものを食べてもそこそこおいしいと思いますね。
ドイツはだめですか!!
ヨーロッパは食べ物おいしいイメージだったのですが・・・・。
Posted by M at 2008年04月02日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。