2008年04月21日

フォートカニングパークA 発掘現場

この公園は14世紀には「禁じられた丘」と呼ばれ、王族や身分の高い人々が暮らす特別な地域だったのだそうです。

今も公園内に、昔の王の墓とされる場所が残っています。
かつて人々に崇拝された指導者・イスカンダル・シャー王の埋葬されると言われる神聖な場所は、今も守られています。

Fort Canning2.jpg


この公園内では、考古学調査が行われ14世紀の頃使用されていたと思われる陶器や装飾品などが発掘されています。 
ここで発掘されたそうした品々は、フォートカニングパークのすぐ隣に位置するシンガポール国立博物館の歴史ギャラリーに展示されていますが、公園内でもそれらの品々や発掘現場の様子が見られます。

Fort Canning7.jpg


14世紀といえば、日本では足利将軍、室町時代。
現在の人々の憩いの公園で、どんな王族の暮らしがあったのか・・。
彼らがもしも今のシンがポール、「禁じられた丘」だったはずの場所が市民の公園になっている様子を見たら驚くでしょうね〜!
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。