2008年04月25日

フォートカニングパークB 地下の秘密基地

この公園の地下には、第二次世界大戦の頃にイギリス軍の司令部がありました。
バトル・ボックスと呼ばれるこの司令部は地下9メートルの場所、爆撃の被害を受けないようにと作られたもの。
この秘密基地が、見学できるよう管理され一般公開されています。
くねくねと曲がる通路の右左に、指揮官の部屋、会議室、通信コントロール室などが現れます。


Battle Box.jpg


Battle Box3.jpg


Battle Box4.jpg


Battle Box5.jpg


Battle Box 2.jpg


チケットを購入するとヘッドセットが手渡され、案内の方に導かれて内部を見学できるようになっています。
当時のイギリス軍の司令官や上官たちの蝋人形があって、なかなかにリアルな様子。
大戦中日本軍がシンガポールに上陸し、イギリス軍が日本軍に無条件降伏をする決断をしたときの会議の様子などが、再現されています。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです〜

写真を全部拝見して、何か不思議な・・・?
ん?
蝋人形ですか!!!!
彫りの深い顔立ちの国では違和感ないですね(汗)

秘密基地、すごい・・・
映画の中だけではないんですね。
Posted by さいこ at 2008年08月20日 09:13
さいこさん、
お久しぶりです〜。
シンガポールを離れて、こちらのブログもすっかり放置しており、頂いたコメントのお返事が遅くなってしまいました。

シンガポールの地下の基地は、イギリス軍にとっては大切なものだったようです。 蝋人形も実際に当時活躍していた中尉さんなどをモデルにしていて、結構似ているんですよ!
Posted by M at 2008年09月10日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94069891
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。