2008年04月25日

フォートカニングパークB 地下の秘密基地

この公園の地下には、第二次世界大戦の頃にイギリス軍の司令部がありました。
バトル・ボックスと呼ばれるこの司令部は地下9メートルの場所、爆撃の被害を受けないようにと作られたもの。
この秘密基地が、見学できるよう管理され一般公開されています。
くねくねと曲がる通路の右左に、指揮官の部屋、会議室、通信コントロール室などが現れます。


Battle Box.jpg


Battle Box3.jpg


Battle Box4.jpg


Battle Box5.jpg


Battle Box 2.jpg


チケットを購入するとヘッドセットが手渡され、案内の方に導かれて内部を見学できるようになっています。
当時のイギリス軍の司令官や上官たちの蝋人形があって、なかなかにリアルな様子。
大戦中日本軍がシンガポールに上陸し、イギリス軍が日本軍に無条件降伏をする決断をしたときの会議の様子などが、再現されています。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

フォートカニングパークA 発掘現場

この公園は14世紀には「禁じられた丘」と呼ばれ、王族や身分の高い人々が暮らす特別な地域だったのだそうです。

今も公園内に、昔の王の墓とされる場所が残っています。
かつて人々に崇拝された指導者・イスカンダル・シャー王の埋葬されると言われる神聖な場所は、今も守られています。

Fort Canning2.jpg


この公園内では、考古学調査が行われ14世紀の頃使用されていたと思われる陶器や装飾品などが発掘されています。 
ここで発掘されたそうした品々は、フォートカニングパークのすぐ隣に位置するシンガポール国立博物館の歴史ギャラリーに展示されていますが、公園内でもそれらの品々や発掘現場の様子が見られます。

Fort Canning7.jpg


14世紀といえば、日本では足利将軍、室町時代。
現在の人々の憩いの公園で、どんな王族の暮らしがあったのか・・。
彼らがもしも今のシンがポール、「禁じられた丘」だったはずの場所が市民の公園になっている様子を見たら驚くでしょうね〜!
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

フォートカニングパーク@

フォートカニングパークは街中にあり、車を運転しない人や観光客にとてもアクセスの良い、気軽に訪れられる公園。
高層ビルの立ち並ぶ商業区がすぐそこにあるのが不思議なくらい、一歩公園内に入ると様々な植物が生い茂る、圧倒的な自然があります。

.

Fort Canning3.jpg


Fort Canning4.jpg


Fort Canning5.jpg


19世紀にシンガポールにやってきたイギリス人は、様々なスパイスの栽培を試みたらしい。 シンガポール植物園なども、もともとはそういった目的で作られた施設だったとか・・・。
フォートカニング内にも、胡椒やカルダモン、ジンジャーなどの草木が植わっており、それぞれプレートが付けられています。
プレートを確かめつつ鼻を近づけて、いちいちクンクン匂いを嗅ぎながら歩くのも楽しい。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

シンガポール植物園の新しいエリア

手入れも行き届き、美しいシンガポール植物園は、実はまだまだ拡張中です。
最近、北側に新しくお目見えしたのが、12歳までの子供を対象とするキッズ・ガーデン。


Kids botanic.jpg


Kids Botanic3.jpg

ハンドルを一生懸命回すと、ミストが出たり、フルーツに明かりが点ったりする仕掛け。


Kids botanic4.jpg

ツリーハウスをイメージして作られたという遊具。


Kids Botanic2.jpg

砂場のドロと汗でべとべとになった子も、ここでサッパリ・スッキリ!?


12歳の子供が遊ぶには、ちょっと物足りないかもしれないけれど、幼児から小学校低学年の子供は走り回って楽しそう。
ベビーカーを押しながらお散歩するお母さんの姿も、よく見かけました。

パーティコーナーもあるので、これから子供達はここでのお誕生日パーティに誘われることも、あるかもしれない。
皆で鉢植えコーナーみたいなところや、教室などもあり、学校からの理科の授業の一環としてのフィールドトリップや、植物園主催の子供向けのイベントなども、今後計画されるのではないでしょうか。

このキッズ・ガーデンの隣には、植物の進化を原始から現代に至るまで順を追って見られるような区画を建設中らしい。
いつできるのかな〜。


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

シンガポール最長の登り窯

シンガポールの西の果てのほうに、中国からの移民が伝えたというDragon Kiln と呼ばれる、シンガポール最長の登り窯があります。
長さ43メートルの窯の中は、大人が屈んで歩けるくらいの幅と高さがあり、この中でたくさんの作品を同時に焼き上げることが出来るらしい。

Dragon Kiln 2.jpg


Dragon Kiln に隣接するスタジオでは、多くの陶芸家が製作に携わっている様子です。
美術館や大統領官邸に作品が展示されているような、著名な芸術家J氏も、ここで自らの作品を作ったり、指導にあたったりされているのですが、彼はもともと日本で陶芸の勉強をされたことから、とても親日家のようです。

日本での修行時代、厳しい師弟関係を経験してきただけに、
「なかなか現代のシンガポールの若者には、長年下積み修行をするような覚悟や忍耐がない」と、愚痴をこぼされていました。

休日には、陶芸一日体験教室なども開かれているとか。

またその隣には、壷や植木鉢から、食器や装飾品まで、いかにも安っぽいものから高級そうなものまで多くの陶器を扱う Pottery Jungle というお店があり、ゆっくり見てまわるのがとても楽しい!

Dragon Kiln.jpg

Dragon Kiln 3.jpg

Dragon Kiln 4.jpg

Dragon Kiln 5.jpg


こんな野ざらしでいいの? 
ホコリだらけでいいの?
と、疑問に思うほど投げやりな商品陳列ぶりに、カルチャーギャップを感じますが、街中のアジア雑貨を扱うお店と同じような商品も、割安です。





posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

水晶、風水、占い

この頃、オーラ写真撮影 が周りでちょっとした流行です。
その人のオーラの色によって、性格や運勢、現在のエネルギーの強さなどがわかるというもの。
占い関係が心から信じられない私も、まあどんなものだかとりあえず好奇心で行ってみました。

場所はフルショウ・コンプレックスという、非常にローカル色の強いビルディング。
地下の駐車場に車を入れた瞬間から、中国系乾物のにおいが漂ってくるようなところです。
黄金の仏像や、仏教関連品々を取り扱う店や、風水関連、そして水晶の店がたくさん入っています。

オーラ占いは、照明写真をとるようなブースで、両手を金属の上に乗せて撮影。
ポラロイド写真なのだけれど、人それぞれのオーラが写っていると言うわけ。
この写真と、一緒にプリントアウトされた説明文の紙をもらって、お隣のカウンターへ行くと、お姉さんがひとりずつ解説してくれます。

私の写真は全体的に黄色と緑。
一緒に行った友達はそれぞれ、青が強い人、赤が強い人、ピンクがかった人、三者三様。
このお店、実は水晶屋さんです
解説と共に、あなたの運気を補うには、この石が良い!といったアドバイスをしてくれるので、オーラ写真は宣伝活動の一環なのでしょう。
写真と解説だけだったら日本円に直して300円程度なので、何の儲けもなさそうです。

ビルの中をうろうろしていると、他に手相占いもありましたが、こちらも機械の中に手を入れてスイッチを押すと、自動的にプリントアウトされた説明が出てくるというもの。
現代的というかなんというか・・・。
情緒は感じられませんね〜。
それでも、中国系のおじさん&おばさんたちが次々にやっていました。
このお店も同じく、手相占いは商売宣伝に過ぎなくて、本来は小さな仏像のレプリカなどを売っている店のようでした。

こちらでは風水なんかは特に中国系の方々には生活にとても密着しているようです。
占いというよりも、縁起かつぎといったほうがいいのかな。
自宅はもちろん、仕事のオフィスなんかも、風水占いにアドバイスをイロイロ頂くそう。
大きなショッピングビルにある噴水などにも、風水による由来があったり。

日本で、占いというと女、特に若い女の子をターゲットとしているのとは、ちょっと事情が違うようです。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

アラブ・ストリート近辺の風景

ムルタバのお店から道を挟んだ向かい側が、サルタン・モスク。
そしてその近くにアラブストリートがあります。

Zamzam 7.jpg

シンガポールでは、ローカルの公立校もインターナショナルスクールも、ほとんどの学校が幼稚園からずっと制服があります。
このあたりでは、イスラム系の学校に通う生徒さんたちの姿をたくさん見かけます。

制服って自分が着ているときには好きじゃなかったけれど、親になった今はとっても合理的で素晴らしいものに思えるんですよね。


Zamzam 9.jpg

エジプト料理のお店もみつけました。
どんな食事なんだろう?
今後の課題。
posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

賑わう観音堂

こちらの観音堂は、平日も週末もいつも大変な人ごみ。

Kannnon Temple 6.jpg


Kannnon Temple 7.jpg


Kannnon Temple 3.jpg


表においてある線香を一掴みもらって、火をつけるのですが、みなさんそれぞれ自分のお祈りに忙しく、よくまわりに注意を払っていないと他の方の線香から自分の服に点火してしまった!
なんて事故が、いつおこっても不思議がなさそうです。

実はあみだくじで有名なお寺。
残念ながら、内部は撮影禁止の様子。
本堂の中に入り、くじのはいった筒と赤い石のようなものを二つもらいます。
靴を脱いで、真ん中に敷いてある巨大なゴザの上に跪く人々に混じって座り、祈りながら筒を振ります。
穴から1本のくじが出てきたら、二つの赤い石を手から落とし、このくじが正しいかどうかお伺いをたてます。
良しと出たら、そのくじの番号を受付に伝え、おみくじ結果の紙をもらいます。

私は、去年末のくじがろくな結果でなかったのですが、今年あらためてやってみると、今度はソコソコ運のつきを見方に出来そうな御言葉を頂きました。

表にはお供えのお花を売る人々。

Kannnon Temple 4.jpg

周りは、金ぴかの仏様を並べたような仏具店が建ち並ぶ一角。

ところが、この観音寺のお隣はヒンズー寺院なんです。
そして、どちらにも手を合わせている人が結構いるんですよ。
とてもおおらかで平和な光景だな〜、といつもここを通りかかると微笑ましく思います。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

大統領邸宅訪問

日本では、ちょうどゴールデンウィーク真っ只中ですね。
シンガポールにも観光の方が増える時期です。
こちらは、ゴールデンウィークではないのですが、今日5月1日はレイバーデイでお休み。

オーチャードロードに面するシンガポール大統領官邸・イスタナは、一年に数日だけ一般公開される日があるのですが、今日がその一日。
今までチャンスを逃し続けていたけれど、ついに訪問してきました。

istana.jpg


istana 2.jpg


シンガポール人は無料。
外国人は、一人一ドルの入場料。
これはチャリティーに募金として活用されるそうです。

警察の警護が写真でも見られますが、空港のような荷物チェックがあります。

istana 3.jpg

中に入ると、緑の美しい大きな庭園です。


istana 4.jpg

池にはハスの葉が浮かび・・・


istana 5.jpg

南国らしい樹もたくさん。


istana 6.jpg

ちょっとした庭園風のコーナーもあり。
それにしても、一体建物はどこ??
と思い始めた頃に、見えてきました。

istana 7.jpg


官邸の中に入るには、更にひとり2ドルずつの料金を払います。
レセプションルームやダイニングルームなど、一階だけが公開されています。
残念ながら中は写真撮影禁止でした。

シンガポールの有名な陶芸家の作品や、絵が部屋を飾っています。

一番面白かったのは、各国から来賓が訪れたときの記念品、例えばクリスタルだの花瓶だの置物だの、そういったものが国の名前と贈呈された年を書いたプレートを添えられて陳列されていたコーナー。

連れて行った娘とその友達は、
「アメリカからのは、なんかパッとしないねえ」
「シンプルすぎるっていうか・・・手が込んでないよね?」
「ちょっと他の国のものと並べられると、見劣りするわ」
散々こき下ろしてました。
今度、アメリカの大統領宛にもう少しギフトに工夫を凝らすように提案のお手紙を出してみたら?と言っておきました。

istana 8.jpg




posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

中国の不思議な世界・ハウパービラ

かつては「タイガーバームガーデン」の名で知られた公園、今はハウパービラといいます。

タイガーバームのクスリで財産を築き上げた、今は亡き胡兄弟が作ったといわれるこちら、閉館になったり遊園地のようになったり紆余曲折を経てきたらしいのです。

現在、無料でオープン。
強烈な色彩感覚でガツンとやられ、めくるめくゴチャゴチャの世界。
神話や歴史的なエピソードを用いて、中国の倫理観を現したものらしいのですが、なぜか途中で自由の女神が立っていたり、オーストラリアの動物コーナーがあったり・・・。


Haw Par Villa.jpg

これ、仏陀の像らしいのですが・・・
どう見ても悟りを開いた方の顔には見えません。
物欲も性欲も、たっぷりあるで〜え! って感じ。


Haw Par Villa 3.jpg

なぜかお相撲さん。
胡文虎さんの息子さんが日本人のお嫁さんをもらったことに関係があるのだとか・・・??
このお相撲さん、どうやら人気があるらしく、この像の前で写真を撮って行かれる人を次々目撃しました。


Haw Par Villa 4.jpg

Haw Par Villa 5.jpg

魚とかカニ、エビ、貝など海の生き物をモチーフにした場面が多く見られます。
なんとも不思議な世界感・・・


Haw Par Villa 6.jpg

クスリの効能を一生懸命聞いている奥さんらしいのですが。
子供がしがみついて、お尻が見えそうでも気にしない・・・ってくらい熱心に耳を傾けているわけですね。


Haw Par Villa 2.jpg

タイガーバームを手にした虎のマスコット。


ほかにも、孫悟空のお話を表したところ、悪い行いについて諭しているところなど、色々・・・。

2時間ほど見てまわると、一体自分がどこに入り込んでしまったのか? という不思議な感覚に見舞われます。

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

リトル・インディア散策C

リトル・インディアには、北インドから南インドまで種類の違う料理の店が並んでいて、一体どこで食事しようか迷います。

この日に選んだのは、以前友達に連れて行ってもらったベジタリアン・インド料理のお店。
店によっては観光客比率がとても高いのだけれど、ここはいつ行っても、見事にインド系の人ばかり。

 
Little India 6.jpg

お気に入りのマサラ・ドサ。


Little India 7.jpg


外側はクレープのぱりぱりしたような生地。
意外と油分が多いのか、ハズレの店でこれを食べるとギトギトで胸が悪くなるので要注意。
中に、ジャガイモをスパイスで煮込んだようなものが入っていておいしい。
お皿の周りに並べられたソース(?)をつけて、一口ずつ違う味が楽しめます。


posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

リトル・インディア散策B

ヒンズー寺院の近辺はもちろん、リトル・インディアの通りには、花環を売るお店がたくさんあります。


Little India flower.jpg


この花環が、寺院に捧げられるのですね。
たまにプラスチックの花環を扱う店もあるけれど、やっぱりホンモノの花を繋いだものとは、遠目に明らかに見劣り・・・。

ジャスミンやバラを手作業で次々と糸に通していくにも、それなりの技術がいるらしく、けれどこの頃ではそうした職業を受け継ぐ者が少なくなっているのだとか。
もともとは、花環屋の息子は当然花環屋になる、といったふうだったのでしょうけれど。

どんな業界でも、「職人」は跡継ぎがいなくなっていきがちなのかな〜。


Little India flower 2.jpg

posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

リトル・インディア散策A

寺院はどこでも神聖な雰囲気が漂うけれど、ヒンズー寺院はカラフルで多種多様な神や伝説の生き物の像がみられるところが、どことなくポップで愛嬌があり、親しみやすい。


Little India temple.jpg


Little India temple 2.jpg

スリ・ヴィーラマカリアンマン寺院。
1855年に原型となる建物が建てられたという、伝統あるお寺。
女神・カリが本尊にまつられています。


Little India temple 3.jpg
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

リトル・インディア散策@

当然のことながら、リトル・インディア界隈に行くと他のシンガポールの地域と比べると圧倒的にインド系人口の割合が高くなります。
通りに流れてくるにおいや、お店から聞こえてくる音楽も、いかにもインド。

Little India 3.jpg
 
民族衣装サリーを売る店屋、布地屋さんがいっぱい。



Little India 5.jpg

こちらは、中でもちょっと洗練された感じのお店。



Little India.jpg

インドの人は、ゴールドが大好きですね〜。
よく共存できるものだと感心するほど、たくさんのゴールド装飾品のお店があり、どこもそこそこお客さんで賑わっていたりする・・・。



Little India 4.jpg

ヨガや健康関係(?)のお店も。
アーユルヴェーダや、へナ装飾など美容関連もポピュラー。



Little India 2.jpg
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。