2006年11月22日

どこまで言っても大丈夫?

先日、タクシーに乗っているときに流れていたラジオニュースにて。

シンガポール政府は、この度ネット上での人々の政府批判に対する姿勢を緩和することに決定。

だそうです。

度々耳にすることではあったのですが、ネット上に限らず反政府的な言論をする者に対する、この国の対策はけして生易しくはないのだとか。
その辺の喫茶店で雑談をするにしても、どこで誰が聞いているかわからないから、あんまり大っぴらに政府批判はしないほうがいいとか、そんな噂(?)は耳にします。
シンガポール政府、強いですからね。

ニュースによると、そうした反政府的なネット上の言論については、罰則があるのだそうで、今後はその罰則の厳しさをある程度緩めるそう。
国民の感情のはけ口としての機能があるならば、それを閉ざしてしまうのは逆効果になりかねないから・・・と。

一体、反政府的な言論って、どの程度のものをさすのか??
まずはそこがわからないけれど、私のようにシンガポール国民でないモノが政府のチェックにひっかかったら、即刻追放されるのかしら??
とりあえず、私自身がシンガポール政府に対して特に批判してもいないし、不満を抱えているわけでもないので、そんな危険なことはこのブログにも書いていないし、大丈夫なはずです。
posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 規律、規則など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

安全運転推進対策

久しぶりにアメリカのハイウェイをドライブすると、怖い!
運転者の多くが、片手で携帯電話を持って話しながら、片手だけでハンドルを握っている・・・特に女性ドライバーの80パーセントは(適当な数字です)、口角とばしながら、携帯での会話に夢中という様子。
非常に危なっかしく見えてしまいます。

シンガポールでは、運転中の携帯電話の使用は厳禁
イヤフォンやヘッドセットを使用し、両手を電話に触れていない場合のみOKです。
運転中に携帯電話を使用していて捕まったら・・・
 
1000シンガポールドルを超えない範囲の罰金、
もしくは6ヶ月以内の禁固刑、
もしくは両方。
運転者の免許証は無効化される可能性大。
携帯電話没収。


ちなみに、片手で持っていなュても、助手席においてある携帯のボタン操作をするのもアウトだそうです。

え〜、そんな殺生な!!と思うけれど、
免許証、無効になったら、困りますよね。
携帯没収されたら、困りますよね。
6ヶ月の牢屋暮らし、いやですよね。
だから、皆ちゃーんと守っています・・・つまり、片手で携帯、片手で運転という姿はほぼ見かけない。

でも、携帯だけ取り締まってもどうなのか??
その疑問は残ります。
運転しながら食事している人とか、
運転しながら化粧している人とか。
化粧道具を取り上げられるという話は、聞いたことがありませんが。


posted by M at 00:00| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 規律、規則など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

悪いヤツは縛り首!

新聞社 The Straits Times による、死刑に対する国民の意識調査の結果が記事になっていました。

殺人の罪に対しての死刑 
現状どおり、必然であることを支持・・・・87 %
最も厳しい判決として適用されることを支持・・・・8 %
課せられるべきではない・・・5 %

薬物売買にたいしての死刑
現状どおり必然であることを支持・・・・83 %
最も厳しい判決として適用されることを支持・・・・9 %
課せられるべきではない・・・・9 %

銃の使用に対する死刑
現状どおり必然であることを支持・・・・78 %
最も厳しい判決として適用されることを支持・・・・11 %
課せられるべきではない・・・11 %

最も厳しい判決として死刑を導入すべき犯罪
テロ襲撃の実行・・・・89 %
テロ襲撃の計画・・・・69 %
12歳以下の子供との性交・・・・45 %
強姦・・・・42 %

死刑を支持する理由
ほかの人が、同じ罪を犯す歯止めになるから・・・・97 %
酷い罪を犯したものは、死刑に値するから・・・・93 %
シンガポールの治安のよさを保つから・・・・93 %

自国では死刑を認められない外国人が、シンガポールで死刑に課せられることは
免れるべき・・・・12 %
免れるべきではない・・・・87 %
無回答・・・・1 %


なんとも、厳しい意識。

もちろん、死刑に反対する人も15%ほどは存在するわけで、人権保護的な意見、冤罪の可能性等を述べていますが、全体的に見て、この国の人たちは
「規律は守るべきもの」
「ルールを守らない者が悪い」

という意識がとても強いように思います。

また、様々な人種が共存する国でありながら、この不穏な時代に曲がりなりにも表面上は仲良くやっていることや、治安のよさを国民が誇りに思っていて、その現状を守っていこうと強く思っていることも伺われます。

しかし、シンガポールの犯罪の少なさは
「刑罰が怖いから」
・・・ということなのでしょうか???

そのうち、「駐車禁止のところにパーキングした者は死刑!」 なんて言い出したりしませんよね!?

ちなみに過去3年間の絞首刑の数は
2003年 
殺人ー5人(うち外国人4人)、 薬物ー14人(うち外国人5人) 計19人
2004年
殺人ー4人(うち外国人2人)、 薬物ー3人、 銃ー1人 計9人
2005年
殺人ー2人、 薬物ー6人(うち外国人1人) 計8人



posted by M at 00:00| シンガポール ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 規律、規則など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。